中国当局は26日、人権活動家の呉淦氏に懲役8年、公民権はく奪5年の判決を言い渡した。709事件で拘束された王全璋弁護士については依然として、消息が不明。写真は2009年、呉淦氏(左)が米国「アジア・パシフィック人権基金」の「人権リーダー賞」を獲得した。(季媛/大紀元)

写真拡大

 中国の天津市第二中級人民法院(地裁)は26日、「国家政権転覆罪」に問われた人権活動家の呉淦氏(44)に対して懲役8年、公民権はく奪5年の判決を言い渡した。2015年7月9日以降、中国当局が行った人権派弁護士の一斉拘束、いわゆる709事件を含む権利擁護活動家への取り締まり中で、言い渡された判決として最も重い刑となった。

 当局は同日「国家政権転覆煽動罪」などに問われた人権派弁護士の謝陽氏(47)に対して、「罪を認めたため、刑事処罰を免除する」と言い渡した。しかし、709事件で拘束された王全璋弁護士(41)に関しては、依然として消息が不明となっている。

 天津市地裁は、709事件で拘束された人権派弁護士を支援した呉淦氏に対して、「ネット上で、国家機関などを攻撃する言論を広げた」などの判決文を読み上げた。

 呉氏の代理弁護士である葛永喜氏は大紀元に対して、当局に判決を言い渡された際「呉さんはこれまで行ったことはすべて、中国が早期に民主化を実現するためで、自分自身に罪はないと考えている。正々堂々としていた」と話した。

 葛弁護士によると、中国当局は呉氏の親族の傍聴を許可しなかった。

 また、湖南省長沙市中級法院は同日、709事件で拘束され、「国家政権転覆煽動罪」などに問われた謝陽弁護士について、有罪と認定したが刑を免除するとの判決を言い渡した。謝氏が罪を認めたためだという。

 謝陽氏を支援してきた湖南省出身の人権活動家、欧彪峰氏は、謝氏が当局の圧力によって「罪を認めさせられた」と指摘した。

 「呉淦さんと謝さんの判決は対照的だ。当局の圧力に妥協し罪を認めれば、刑罰を免除。妥協しなければ、重い刑を言い渡される。他の人権活動家や人権派弁護士への見せしめだ」と強く批判した。

王全璋弁護士は依然として消息不明

おすすめ:中国共産党政権の下で「失踪させられる」中国人たち

人権弁護士大量拘束から2年 子は就学できない 嫌がらせも…苦境を妻が明かす

 

2015年7月の人権弁護士大量拘束で、囚われの身となった王全璋弁護士と妻・李文足さん、息子の泉泉ちゃん(ネット写真)
 

 欧彪峰氏は、709事件で拘束された王全璋弁護士の身の安全を危惧している。当局は、王弁護士を拘束してから同氏の消息について全く公表していない。

 「王さんは拘束されてから2年以上経った。当局は、王さんの家族や弁護士を含めたすべての人に対して、王さんとの面会を許していない。王さんの状況は楽観できない」。

 大紀元は王弁護士の妻、李文足氏に電話取材を試みたが、電話がつながらなかった。李氏は22日、米ラジオ・フリーアジアに対して、王全璋氏が当局による激しい弾圧ですでに死亡したのではと、心境を語った。

 王全璋氏の代理弁護士、程海氏は当局の面会不許可に強い怒りを表した。

 王全璋弁護士は2013年4月、江蘇省靖江市の地裁で、地元当局に逮捕された法輪功愛好者のために無罪弁護を行ったため、地裁に10日間拘留された。このため、国内100人以上の人権派弁護士が靖江市地裁に対して抗議を行った。また、翌年3月、黒龍江省佳木斯市当局に拘束された人権派弁護士に支援を行った王全璋氏に対して、市当局は暴行を加えた。

(記者・簫律生、翻訳編集・張哲)