上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン(香香)」が今月19日に一般公開された。これが初の一般公開で、園側は来園者数を厳しく制限したため、多くの日本人がライブ配信を通して「シャンシャン」の姿を眺めることになった。そのため、「シャンシャン」はネットで一躍有名なライブ配信パーソナリティーとなっている。

「シャンシャン」が一般公開された日から、日本のある動画運営企業が同社傘下のライブ配信プラットフォームを利用し、携帯電話端末などを通して「シャンシャン」の映像をリアルタイムで無料配信している。ユーザーは上野動物園パンダ館に設置された8台のカメラによって撮影されたパンダの様子を見ることができる。別のカメラに切り替えることで、「シャンシャン」のみの姿だけでなく、「シャンシャン」とその両親であるパンダ2頭が一緒に寝転がって竹を食べる様子など、家族団らんのほっこりしたシーンを見ることもできる。

上野動物園によると、今月19日、ライブ配信プラットフォームのアクセス数は115万回を超え、この動画運営企業の株価は翌20日に20%上昇したという。

日本でトップ2の携帯電話会社のKDDIは、今年の年末に同社傘下のスマホアプリでパンダの様子を動画で独占配信する。「シャンシャン」の食事したり、眠ったりしている様子を撮影した映像を編集してスペシャルエディション版を製作し、「シャンシャン」人気にあやかってアプリ市場の拡大を促進させる計画だ。(提供/人民網日本語版・編集/YK)