ジョコビッチやティーム出場の「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」が今日より開催

写真拡大

2018年のATP(男子プロテニス協会)ツアーの初戦を前に、UAEのアブダビで行われるエキシビジョンマッチである「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」が28日、開幕する。ツアーの本格的な幕開け直前に行われる大会の一つで、2018年シーズンの開幕まで秒読みに入ってきたといえそうだ。

「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」は12月28日から30日に開催される予定で、今回で10度目の開催となる。「ホップマン・カップ」と並んで、ツアーの大会開始前に開催される大会の一つとして、注目を集めている。

今回の大会には、元世界ナンバーワンで右肘の故障でツアーを離脱していたノバク・ジョコビッチ(セルビア)のほかに、現在ランキングで5位につけるドミニク・ティーム(オーストリア)らが出場を予定しており、ハイレベルな試合を観戦できそうだ。

また、かねてから出場を予定していたスタン・ワウリンカ(スイス)やミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が怪我を理由に出場を辞退した代わりに、2017年の「全米オープン」でファイナリストになったケビン・アンダーソン(南アフリカ)や若手の注目株であるアンドレイ・ルブレフ(ロシア)らが、出場を予定しているところだ。

初日となる今日は、午後5時(現地時間)からパブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)対ケビン・アンダーソンが、午後7時からはロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)対アンドレイ・ルブレフがそれぞれ行われる予定だ。

◇   ◇   ◇

2日目以降の試合予定は以下の通りだ。

【29日の試合予定】

ドミニク・ティーム 対 パブロ・カレーニョ ブスタとケビン・アンダーソンの対戦の勝者(現地時間午後5時開始)

ノバク・ジョコビッチ 対 ロベルト・バウティスタ アグートとルブレフの対戦の勝者(現地時間午後7時開始)

【30日の試合予定】

エレナ・オスタペンコ(ラトビア)対セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)

決勝戦、2日目の試合の勝者同士の対戦(現地時間午後7時開始)

(テニスデイリー編集部)

※写真は2015年の「ムバダラ・ワールド・テニス・チャンピオンシップ」に出場したジョコビッチ
(Photo by Francois Nel/Getty Images)