【箱根駅伝】優勝経験者が語る!2018の注目の見どころと優勝予想!

写真拡大

昨年、見事に優勝校を的中させた駒沢大学の黄金期を支えた西田隆維さんとM高史さん。今年もお二人に箱根駅伝2018の優勝校の予想と見どころを聞いてみました。
・・・・・
昨年度、出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝の3冠を達成し、箱根駅伝では現在3連覇中の青山学院大学。しかし、今年度は出雲駅伝、全日本大学駅伝と優勝を逃し、箱根駅伝4連覇に黄色信号が灯っています。

【マラソン】スポーツの聖地、神宮球場でリレーマラソン開催!

出雲駅伝優勝の東海大学、全日本大学駅伝優勝の神奈川大学。青山学院大学、東海大学、神奈川大学の3強。そして各校の戦力も拮抗してきて、前回大会よりも予想が難しくなりました。

かつて駒澤大学の黄金期を支えた、駒澤大学初優勝に貢献(当時9区区間新記録樹立)し、エドモントン世界陸上マラソン日本代表にもなった西田隆維さん(以下:西田/写真左)と駒澤大学陸上競技部OBで駅伝主務だったM高史さん(以下:M/写真右)のお二人に第94回東京箱根間往復大学駅伝競走の予想や見どころや裏側を聞いてみました。

ジンクスからみる青山学院大学の4連覇!?

M:ジンクスでいうとこれまで箱根駅伝を3連覇した大学は4連覇をしています。過去に3連覇で途切れた大学は今のところありません。ジンクスっていう点で見ると青学の4連覇もあるといえます。ただ、3冠(出雲駅伝・全日本大学駅伝・箱根駅伝)した次の年は、3大駅伝を1つも勝てないってジンクスもあります。

過去に大東文化大学・早稲田大学・順天堂大学が3冠を達成した翌年は1つも勝てなかった。3連覇した大学は4連覇するジンクスか、3冠した翌年は1つも勝てないジンクスか、ジンクス同士の戦いにも注目です。

全日本大学駅伝を制した神奈川大学の強み

西田:神奈川大学の大後監督の安定した強さを固めた指導力はすごい。出場した選手全員が区間上位でまとめてくるチームの調整力の高さが魅力だよね。出雲は6人、全日本は8人。当然、6人の調整を合わせるより8人を調整させるのは難しいし、それを上手く調整してきた神奈川大学は10人でつなぐ箱根駅伝でも楽しみな存在だね。

箱根駅伝に出場する10名全員の調整が上手くいったチームは上位3位以内に入ると思う。ただ、こればっかりは予想できないし、どのくらい調整が上手くいっているかは内部に入り込んで取材しないと見えてこないことなので、そういう点から見ると、今日の予想は適当な予想になっちゃっているのかもしれません(笑)

M:調整力でいうと、各チームの戦力差がなくなってきているので、調整が上手くいったチームとそうじゃないチームの差が、順位に現れやすくなっているかもしれません。3位以内に入ることもあれば、ギリギリでシード権獲得、まさかのシード落ちということもあると思います。

1区の展開どう読み切るか

西田:どこかの大学が1強という状況ではないので、1区と2区で当たり前のように上位でつないできて、3区でどれだけ流れを作れるかが重要かな。3区にも強い選手が置ける大学とそうじゃない大学で流れが変わるかも。

M:今回、関東学生連合の1区を走る可能性が高い東大の近藤選手(東大生の本戦出場は2005年以来13年ぶり)が、どうレースを進めるのかというのも楽しみですね。自由に走ると思うので、かき乱したらどうなるのかなという楽しみもあります。

また、神大は1区・2区に山藤選手(3年生/過去の箱根駅伝成績:2016年3区12位)と鈴木選手(4年生/過去の箱根駅伝成績:2015年6区19位、2016年2区14位、2017年2区1位)のツートップを走らせると公言していますから、他の大学も、1区・2区にエース格を並べないわけにはいかなくなってきています。1区・2区に実力者が揃う可能性は高いですね。

西田:1区にエースや準エースを置いたときに、各校の監督がどういう指示を出しているかということも面白いよね。どこかの監督が最初から抜け出していくように指示を出すとハイペースになる可能性が高いし、各校の監督が先頭集団でレースを進めろという指示だとスローペースになる可能性が高いですね。

スローペースになる可能性もあると考えると1区にエース格を置くかどうか迷うと思う。たられば論になるけど、スローペースになるなら5〜6番手くらいの選手を配置すればよかった、ってことになる。1区はよほど離されなければいいやと思うなら、失敗の少ない4番手くらいの選手を配置してもいいかしれないですね。

レースプランは誰が決める?

M:1区は集団でレースが進むことが多いので基本的に運営管理車(監督が乗って選手に指示を出す車)がつきません。選手同士の駆け引きや各自の判断、または沿道にいるチームメイトが監督から受けた指示を伝えたりします。1区の選手がどんなレースプランで挑むかは一つの楽しみですね。

西田:1区の選手のレースプランは監督が出すこともあるし、そうじゃないときもある。その選手の特性によるかな。僕のときは監督から「先頭集団についていけ」という指示で、僕も「先頭集団についていく」と思っていたから上手くマッチしていた。

区間賞を獲る必要はないって思っていて、とにかく早くタスキをつないで早く終わりたいと思っていた(笑)。区間賞を狙おうと思ったら21km頑張らなきゃいけないけど、トップと20秒以内と言われていたから19kmまで頑張ればOKと思っていた。

残り2kmではそんなに離されないだろうと思っていたからプレッシャーは少なかったかな。エースが出るのか準エースが出るのか、それとも1区のスペシャリストが走るのか。各校の思惑がどうでるか楽しみです。

区間配置

M:神大の山藤選手は1区のスペシャリスト感が出てきましたから、1区起用の可能性が高い気がします。

西田:個人的には東洋大の将来のエース候補、西山選手(1年生)がどこに配置されるかというのが楽しみ。高校時代の走りを見て、将来がすごく楽しみな選手の一人です。

M:東洋大の酒井監督は比較的攻撃的な区間配置をするイメージがあります。区間配置や采配は各監督の性格が出るのかもしれません。駒大の大八木監督は比較的オーソドックスな区間配置をするイメージ。奇襲攻撃を仕掛けるというよりはベーシックな配置をするような気がします。

駒大はエース格の片西選手(3年生/過去の箱根駅伝成績:2017年9区4位)と工藤選手(4年生/過去の箱根駅伝成績:2015年4区2位、2016年2区4位、2017年2区6位)をどこに配置するのか。

西田:今年のユニバーシアードハーフマラソンで金メダルと銀メダルを獲った駒大の片西選手(金メダル)と工藤選手(銀メダル)は1・2区か2・3区に配置されるような気がする。2区は上りの適性も必要だから、その適性がどうなのかというところで区間配置すると思います。

東洋大の酒井監督は大会当日の天候なども見て、区間変更をしているみたい。どこにエースやエース格を配置するかというのは楽しみです。

優勝予想

M:混戦にはなると思いますけど、注目は順天堂大学。そして、東洋大、駒沢大も強いかなと。そこに、出雲駅伝優勝の東海大、全日本大学駅伝優勝の神奈川大学、そして、3連覇中の青山学院大学が加わってきます。

さらに1区・2区のでき次第では山梨学院大学も絡んでくるでしょうね。調整次第で上位にくることもあるし、下がることもあります。流れに乗れなかったら優勝候補と思われていてもシード権争いに加わっていることもあります。

前回の箱根駅伝の駒大と東海大がそうでした。逆に力では5・6番手でも優勝するということもあるかなと思います。

西田:優勝校を1校にしぼるならどこかな?

M:1校ですか?私情を挟むならOBなので駒澤大学です。

西田:私情を挟まないで、1校にしぼるとするとどこかな?

M:神奈川大学ですね。西田さんは?

西田:順天堂大学かな。

青学を優勝候補にあげない理由

M:青学は一色選手(現在GMOアスリーツに所属)が卒業したということが、チームにどんな影響を与えているかというところが気になります。

西田:優勝する可能性はもちろんあるけど、最近、やらかすことが多いのが気になります。昨年までは大きなミスをする選手がいなかったのに、今年はミスをしてしまう選手が増えたのかなという印象です。それって、生活とか何か中の部分で崩れてきたのかもしれません。

あれだけ強い選手が揃っていて、そういうミスが出てくるというのは、何か手綱がゆるんでいるのかもしれません。結局、学生スポーツはその辺りがしっかりしていないと、なかなか勝てないのかなと思う。

M:エースの田村選手(4年生/過去の箱根駅伝成績:2015年4区1位、2016年4区1位、2017年7区11位)をどこに配置するかというのがポイントな気がします。2区は向いていないかなと思うので。

西田:4区に持ってくるんじゃない?前に4区走っていたでしょ?

M:距離が短いときの4区を1・2年のときに走っていますね。長い距離があまり得意じゃないという話も聞いたことがあります。

西田:3区にいいかもね。3区にきたら、他の大学にとって脅威になるね。

青学・東海大・神大の3強を崩す可能性

西田:今回は順天堂大学の評判がすごくいい。チームがすごくまとまってきたという話を聞いている。

M:順大は出雲と全日本が微妙でも箱根にぴったり合わせてくることが多いですよね。フィギュアスケートのフィジカルトレーナーを招いて体幹を強化して、クロスカントリートレーニングしているみたいです。


順大は山上りも山下りも経験者がいるのも強みですね。特に昨年5区を快走し往路3位の原動力となった山を攻める男、山田攻選手(3年生/過去の箱根駅伝成績:2017年5区5位)は楽しみです。

西田:特に箱根駅伝の山上り(5区)では、今まで注目されていなかった選手が、上りの特性があって急に注目されて、翌年以降に強くなるってことが多々ある。箱根駅伝でブレイクした選手のその後の活躍を見ていくのも面白いよね。

M:あとは何といっても順大のエース塩尻選手(3年生/過去の箱根駅伝成績:16年2区5位、17年2区5位)かな。

西田:確かに!塩尻選手は3000m障害でオリンピックに出場してから一回り強くなった感じがある。大舞台を体験すると余裕が出てくるのかな。

M:あと、去年も注目していましたが、中央学院大学は今回も注目ですね。

西田:中央学院大学は能力が高い選手を見つけて、勧誘して育てるのが上手いというイメージがある。昔から、補強を地道にやっているというのも強さの秘訣かな。

優勝請負人

西田:10年位前に亜細亜大学が優勝したとき誰も予想していなかったでしょ?それを今年、中央学院大学がやるような気もしないでもない。着実に上位の順位をキープしているっていうのは何か期待せずにはいられない。

M:拓殖大学の岡田監督が今年は過去最高に良いって言っているという話ですよ。

西田:亜細亜大学を優勝させた岡田監督(現在は拓大の監督)って優勝請負人というと大げさかもしれないけど、勝たせられる監督って何か持っていると思う。勝たせられない監督は、なかなか勝てないですから。

M:神大の大後監督も勝たせられる監督ですよね。

西田:そうだね。優勝経験のある監督が率いる大学が優勝するのか、初優勝に導く監督が誕生するか楽しみだね。

先頭で走る優位性

M:後ろが見えないくらい差が着いている状態だと、メンタル的にマイペースで走れるという感覚になりますか?先頭で走っている選手って余裕があるように見えます。

西田:マイペースで走れるのは復路の後半の区間くらいだろうね。安全運転できるとはいえ、後ろがどのくらいのペースできているか分からないから、安心はできない。マイペースといっても1km3分ペース(※)でいけばいいやという余裕ができるくらい。(※1キロ3分は箱根駅伝を走るランナーのペースの目安)

前を無理に追う必要がないから先頭は落ち着いて走れるだろうし、トップで走るっていうのは気分良いから乗ってくるよね。それに中継車が風よけになって走れるっていうのも大きい。それに白バイが先導にいるというのも引っ張ってもらっている感覚になるというのもある。白バイという目安があるかないかというのは影響あるかな。先頭を走っている優位性というのはあると思うよ。

M:だから、どれだけ先頭で走り続けられるかという流れが大切になるんですね。

西田:そう。序盤でどういう流れを作れるかが重要になってくるから、1区・2区・3区は重要度が高いですね。

花の2区。区間賞の行方

M:順大の塩尻選手か神大の鈴木選手でしょうね。鈴木選手は前回の実績(前回大会2区区間賞)もあるしロードに強いですからね。1区からのタスキをもらう位置も影響するでしょうね。

西田:順大の塩尻選手が少し後ろでタスキをもらって、前を追いかけるという展開になって、前に追いついてそのままということになったら塩尻選手が区間賞を獲るかも。

M:いかに冷静に走れるかがポイントですかね。

西田:どの区間も冷静に走ることはポイントだよ(笑)。

陸王!?今年は選手のシューズにも注目!

M:NIKEのヴェイパーフライ4%を履いている選手が多そうですね。

西田:なかなか手に入らなかったみたいだけど、今回、箱根駅伝を走るランナーは結構、履いているみたい。だから今回はNIKEのヴェイパーフライ4%(※)が多いような気がする。(※NIKEが開発したマラソンシューズ)

M:陸王じゃないけどこれまでの薄底のシューズかNIKEの厚底のシューズか分かれると思います。果たしてどちらが・・・というところは気になる人も多いのかなと思います。

個人的にはNIKEのヴェイパーフライ4%を履いて6区(山下り)を走ったらどうなるか気になりますね。とんでもない記録が出たりなんてこともあるかもしれません。今年は足元にも注目ですかね。

運営管理車(監督車)の役割

M:運営管理車(監督車)は各校1台つきます。決まったポイントで指示を出すことができます。この指示(檄?)を楽しみにしている沿道の応援の方も多くいるようですね。

運営管理車には関東学連が手配した運転手、監督、主務(マネージャー)、関東学連の役員の方が乗っています。1台の車に6名ほど乗っています。選手が並走しているとき、選手の後ろにつけるのは順番交代になりますが、そういった指示を受けたり、調整する人も同乗しています。

あと、運営管理車は基本的にトイレに行きません。ただ、僕が大学3年生のとき、同乗している役員さんがどうしてもトイレに行きたくなってトイレに行きました。5区がスタートしてすぐくらいだったのですが、トイレも場所が離れていたり混んでいたりするので、5分以上かかりました。

5分といったら、選手はもう2km手前くらいまで行っていますから、車とはいえそこまで追いつくのは大変。監督は当然イライラしますよね(笑)お昼を挟みますが、食事は摂りません。水分はほとんど摂らなかったです。のど飴は必須です。出発前は戦に行くような雰囲気です。いざ出陣って感じで。

情報の共有はLINE

M:今は各校のタイム差とか情報の共有をLINEでやっているところもあります。

西田:昔は公衆電話を探して、そこから電話で情報の共有をしていたんじゃないかな。サポートするチームメイトやスタッフは大変だったと思うよ。今、テレフォンカード持っている人いるのかな?

M:あと今はTwitterにも何秒差とか情報を発信している人もいますね。怪しい情報もありますけど。オフィシャルのネットの情報もありますし、情報の伝達は楽になりましたね。

箱根駅伝を盛り上げている青学の原監督の○○大作戦。

西田:箱根駅伝が盛り上がっても他の種目も注目されないとダメだと思う。原監督って、どれだけ注目して見てもらえるか考えて、発言したり行動していると思う。東京マラソンに出場させたりもしているけど、それって大切なことだと思う。箱根駅伝を通じて、日本選手権とか陸上競技全体を盛り上げたいという想いがあると思う。

他のプロスポーツのように演出して盛り上げる人がいないから、自分がやらなきゃって想いもあるのかもしれない。箱根駅伝は盛り上がっているけど、陸上競技全体でいうと、もっと自分たちで盛り上げていかなきゃいけないと思う。選手それぞれが広告塔じゃないけど、もっと盛り上げようよ!というのが原監督の想いかなと思う。

M:選手自身のブランド化というのも大切ですよね。TwitterとかSNSを使って自ら発信している選手もいますよね。

西田:ただ、SNSは気を付けなきゃいけないこともあるから、使い方は難しいけどね。箱根駅伝で活躍した選手はモテるから、勘違いしないようにある程度管理しないと競技人生に影響することもあるからね。

M高史を探せ

M:今回は母校駒大をサポートします!沿道のどこかにいるかもしれません!意外と重要な役割かもしれません。4区、8区あたりにご注目ください!?

・・・・・
箱根駅伝2018まであとわずか。「箱根路から世界」、今回の箱根駅伝から2020東京オリンピックへの道を切り開く選手が生まれるかもしれない一方、箱根駅伝を選手としての最終の目標としている選手も多い。通過点であり、一つの区切りとなる箱根駅伝です。

年齢も18歳から今回は30歳のランナーが様々な想いを持って走る箱根路、様々なドラマが生まれるが、アクシデントなく自分の力を出し切って欲しいと思います。


■西田隆維(にしだ たかゆき)
駒澤大学出身→S&B食品。箱根駅伝で駒澤大学の初優勝に貢献(当時9区区間新記録樹立)。2001年エドモントン世界陸上マラソン日本代表。
現在は市民ランナー向けのランニングクラブNRC(NISHIDA RUNNING CLUB)の指導とマラソン大会などの企画・運営を中心に活動中。また、これまでの経験で学んだことを企業や学校で講演。

■M高史(えむ たかし)
ものまねアスリート芸人
駒澤大学陸上競技部OB(駅伝主務)。東京マラソン2018チャリティ・アンバサダー。自身考案の「ものまね体操」で保育園から高齢者施設まで訪問し続けるエンターテイナー。ものまね体操・英語版「ジャパササイズ」は8ヶ国後で翻訳され、スペインのテレビでも放送されるなど国内外から注目のエクササイズ。
オフィシャルブログ:M高史の日々精進!