28日、韓国軍がこの日竹島での訓練実施を発表したことについて、人民日報は「慰安婦問題で安倍氏に“平手打ち”をしたばかりだ」と題する記事を掲載した。写真は竹島。

写真拡大

2017年12月28日、韓国軍がこの日、竹島(韓国名:独島)での訓練実施を発表したことについて、人民日報は「慰安婦問題で安倍氏に“平手打ち”をしたばかりだ」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国軍は28日、竹島および周辺海域で同日から2日間にわたる「独島防衛訓練」を実施すると発表した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任後、2回目となる訓練で、規模は前回(6月中旬)とほぼ同じになるという。

記事は「27日に韓国が発表した慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証結果は日本の不満を引き起こした」と指摘した上で、訓練は1カ月前に計画されていたことを説明。今回の訓練と慰安婦合意の関係について、韓国軍側は「定例の訓練であり、計画は1カ月前に整っていた」と回答したという。(翻訳・編集/野谷)