巷に溢れる変わり握りに唸れるか、唸らないのか!?覆面調査中に見つけた、変わった握り寿司の数々。気になったら食べずにはいられない!ということで、突撃してきました。

KINKA(最寄駅:渋谷駅)

『KINKA』のロブスター 1404円
名物はカナダから直送された、活ロブスターを使ったお寿司。ロブスターはさすがプリプリで美味だが、個人的には煮切り醤油の味が強くて、ロブスターの甘みが引き出し切れてない感じ。惜しい!

アブリシャス8貫 1706円
「アブリシャス」は炙った押し寿司。左からサーモン、サバ、ベシャメルソースがかけられたエビとキンカロール。こってりとした味わいで、ビールが進む。 アルコール類も個性派揃いで、例えば「UMAMIマンハッタン」は干ししいたけの戻し汁が使われたパンチのある味わい。「バチ鮪赤身」(各216円) など、一般的な握りも豊富だ。

東京都渋谷区宇田川町3-10 いちごフィエスタ渋谷2階 
[TEL]03-6452-5258 
[営]17時〜24時(23時半LO) 
[休]お盆、お正月



東京ラーメン マリオン(最寄駅:東十条駅)

『東京ラーメン マリオン』の チャーシューにぎり 1個110円
とろとろの脂が絶品のチャーシューはとても柔らか。チャーシューのタレで炊きこまれたご飯はほかほかで、刻みチャーシューと、提供直前に混ぜ込んだネギがベストマッチ! おかわりしてるお客さんもいた。 オーダーは3個からで持ち帰りも可能。同じく持ち帰り可の「チャーシュージャーキー」(300円)はスパイシーでビールがグイグイ進んだ。 〆はやっぱりラーメン。すっきりした醤油の風味に、魚介が利き、ついスープを完飲した。

出典: https://matomeshi.jp/articles/2099

東京都北区中十条3-18-1 
[TEL]03-3907-6327 
[営]18時〜翌1時LO 
[休]日



鮨 ほり川(最寄駅:世田谷代田駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/2100

『鮨 ほり川』の えんがわとまと 350円

えっ、これがお寿司になるの? まず大将に差し出されたのは、ツブ貝やミンククジラなど、酒飲みの心を揺さぶる美しいつまみが並ぶ木箱。前菜として、生や漬物にされたたっぷりの野菜も登場。 一献傾けながら、魚の寿司や熱々の鍋などをいただきつつ、アイデア満載の野菜の寿司をつまむ。魚、野菜、果物という、日本が誇る旬の美味をひと通りいただいて、平均ひとり1万円ほどの客単価。魚だけでない、四季折々の楽しみも多い店なのだ。

出典: https://matomeshi.jp/articles/2100

東京都世田谷区代田1-46-3 フェニックスマンション1階 
[TEL]03-3413-8776 
[営]18時〜24時(22時半LO)、土・日・祝17時〜24時(22時半LO) 
[休]水



神田よしかめ(最寄駅:神田駅)

『神田よしかめ』の 奈良漬、サーモンたたき、鉄火巻き、玉子、芽ねぎ 各324円
「塩から」や「葉唐辛子」といった珍しいものも多く、あれこれ選べるのが楽しい。「芽ねぎ」は、鰹節が入って旨み倍増。

大葉の爽やかさがヤミツキになりそうな「がりさば」など、手間暇かかった独創的なものも並ぶ。「穴子太巻き」の表面にはふわふわの穴子が巻かれていて、中には山ゴボウとかんぴょう、しば漬け、玉子にキュウリが巻き込まれお酒にも合う! 海苔の香りの良さも特筆モノなのだ。なお、握りは1貫からオーダー可能で162円から。「日替りにぎり(並)」は7貫ついて、1069円からととってもお得だ。

東京都千代田区鍛治町2-13-22 
[TEL]03-3251-4372 
[営]17時〜翌1時(24時半LO) 
[休]土・日・祝・祝前日