フェデラー自身も関心示したスーパーショット1000本をまとめた動画が登場

写真拡大

ロジャー・フェデラー(スイス)がTwitterの公式アカウントで、自身のスーパーショット1000本の映像をまとめた動画についての投稿を共有した。

共有された動画はなんと、2時間にも及ぶ大作で、1000からのカウントダウンとともに、フェデラーの華麗なショットの映像が流れ続けるというもの。

同映像を作成したのは、Twitter上で「RazOlsRF」というアカウントの管理者で、自身をYouTubeの映像製作者でフェデラーファン、テニス愛好家と紹介。

同アカウントでは「ロジャー・フェデラーのキャリアでの1000本のベストショットの動画を製作するのに250時間以上を費やしました。ライクやリツイートしてもらえれば。望めるなら、偉大な人物(フェデラー)自身にも見てもらいたい」とのコメントが明らかにされている。

動画の中では、ラファエル・ナダル(スペイン)やアンディ・マレー(イギリス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)ら、いわゆる「ビッグ4」での試合や、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、マリン・チリッチ(クロアチア)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)といったライバルとの対戦で繰り出した、数々のスーパーショットを総ナメにできる。フェデラーに注目するテニスファンであれば一度は見てみるのもいいかもしれない。

フェデラー自身もTwitterの公式アカウントで、「RazOlsRF」の動画へのリンクを含むツイートについて「これをまとめるのに、時間を使ってくれてありがとう」と感謝と賞賛をこめてコメントした。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2015年の「ウィンブルドン」でまた抜きショットを放つフェデラー
(Photo by Ian Walton/Getty Images)