ガールズグランプリ2017で優勝した石井寛子

写真拡大

 「ガールズグランプリ2017」(28日、平塚)

 開催初日の11Rで行われ、石井寛子(31)=東京・104期・L1=がガールズグランプリ初制覇を果たした。打鐘で出切ってから、最終ホームで先行態勢に入った奥井迪(東京)の番手を奪取し、ゴール前で粘る奥井をタイヤ差で差し切った。奥井は2着、直線で外を伸びた梶田舞(栃木)が3着に入った。

 ヒロインの石井は「(奥井を)差せてないかもと思ったけど、お客さんの声援で(差し切れたことが)分かりました。(デビューして)5年間、お待たせしました。これからもガールズケイリンを盛り上げていきます」と喜んだ。