堅牢そうなルックスもさることながら、ストラップやクリップも付けられそうな大きいカラビナホールがあるのが好印象。しかもこれだけ分厚いケースを装着した状態でもiPhone 8シリーズのワイヤレス充電に対応。それがタフネスiPhoneケース『Shock Resist Case Pro.』だ。ポリカーボネートとTPUの二層構造で、米国環境耐性試験「MIL-STD-810G 516.6Procedure 検廚梁兢弖盪邯海暴犁鬚垢襪曚匹侶牢性を発揮するという。

【詳細】他の写真はこちら



アウトドア・ギアとの相性が良さそうなゴツめのルックスは、“G'zOneやTORQUEを使いたいけれど、使っているアプリ等の都合でiPhoneを使っている……”なんてユーザーにも大きなアピールとなりそう。実際のところ、アウトドアにそれほど興味はないものの、ファッションとしてタフネスケータイを使いたいという人だって、決して少なくはないはずだ。

背面にはiPhone本体のアップルマークが見える円形の窓「ポートホール」があるが、この部分も二重仕様になっているため砂・埃・傷からしっかり守ってくれるのだという。ちなみに、ケースそのものは高さ122cmから26方向の製品落下試験をクリアしている。



iPhone 7/8両対応版(税別4000円)に加え、iPhone 7 Plus対応版、7 Plus/8 Plus両対応版(いずれも税別4500円)がラインアップされ、全てのモデルでカラーバリエーションはアウトドアとの親和性が高そうな「マットブラック」「マットホワイト」「マットカーキ」「グロスイエロー」「グロスブルー」「グロスレッド」の6色。



アウトドア派だけでなく、「みんなと違う見た目のスマホにしたい!」と考えている人も検討してみる価値はあるのかもしれない。

関連サイト



Gravity(ROOT CO. Designed in HAKONE.)

text渡辺 "d." 大輔(編集部)