<紅白みどころ>第68回NHK紅白歌合戦(12月31日)
 東京五輪・パラ五輪のフラッグツアーでスペシャルアンバサダーを務めるTOKIOは今回、2020年に向けてその準備に汗をかく人たちを訪ねた。

 城島茂と国分太一は、有明で競技場を作っている現場へ。山口達也は、ハンマー投げのハンマーを作る千葉県船橋市の町工場へ。松岡昌宏と長瀬智也は、選手村のすぐ近くとなる月島で、100カ国語のメニューを用意して待つ、もんじゃ焼き屋の女将のところへ。

 五輪という大きな舞台に向けて、それぞれの想いを持ち、日々の努力を積み重ねる人たちの想いを受け取り、ステージでは代表曲「AMBITIOUS JAPAN!」を歌い、2020年への大きな期待を届ける。