第68回NHK紅白歌合戦(12月31日午後7時15分〜)のスペシャル演出とゲストが発表され、出演者46組が総出演するグランドオープニングが届けられる。

 総勢46組の出場歌手、紅組司会の有村架純、白組司会の二宮和也(嵐)、そして、総合司会の内村光良が、ミュージカル映画さながらの“グランドオープニング”映像で番組の幕開けを飾る。

 東京・渋谷の街を舞台にしたこのシーンでは、ニュースやCMでなじみがある「スクランブル交差点」「センター街」といった風景をバックに、出演者がリレー形式で視聴者を紅白の舞台、NHKホールへと案内する。

 オープニングテーマは、連続テレビ小説『ひよっこ』の音楽を手掛けた宮川彬良が書き下ろし。ステージングはPerfumeや星野源の楽曲をはじめ多くの舞台・CMなどで振付師として活躍し、「東京2020開会式・閉会式4式典総合プランニングチーム」にも参加するMIKIKOが務める。