会見する魯報道官=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯圭悳(ノ・ギュドク)報道官は28日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦問題を巡る2015年の韓日合意に関する文在寅(ムン・ジェイン)大統領の声明を受け、慰安婦被害者を第一に考えた実質的な後続措置を早急に講じると述べた。

 文大統領はこの日、「政府間の公の約束という負担があっても、私は大統領として国民と共に、この合意で慰安婦問題が解決されないという点を今一度明確にする」との声明を発表。事実上、日本との再交渉を示唆した。

 魯報道官は「政府としては大統領の言葉通り、『被害者中心の解決』を原則に、被害者の名誉と尊厳を回復し、心の痛みを癒すため、誠意ある実質的な後続措置を早急に講じる」とした。

 また、慰安婦被害者、関連団体、専門家の意見を十分に反映し、韓日関係に及ぼす影響も鑑みるとした。