新時代の高級車として開発された現行型アルファード/ヴェルファイア。2017年12月のマイナーチェンジ時の月販目標台数はアルファード3,600台、ヴェルファイア4,500台とかなり強気な数字ですが、易々とクリアできてしまうでしょう。

その理由をゴージャスさを増したインテリアに見つけました。

乗車人数は7人乗りと8人乗りで変更ありませんが、設定されているシート表皮が一部グレードで変わっています。エグゼクティブラウンジに装着されている本革シートの表皮には従来はセミアニリン本革を採用していました。

しかしマイナーチェンジ後はプレミアムナッパレザーに変更。またシート色は従来のフラクセン、ブラックに加えて、防汚処理加工を施したホワイトを追加。滑らかでシットリとした肌触りはさすが!高級車と感動モノです。

また、ハイブリッドG(ハイブリッドV)や(V)、SA“Cパッケージ(ZG)”S“Cパッケージ”(Z“Gパッケージ”)は従来型ではファブリック+合成皮革のコンビシートでしたが、合成皮革シートに変更されています。加えて、ファブリックの背もたれの部分のデザインが変更されています。

インストルメントパネルはMC前ではオリーブ・アッシュパール木目調、茶木目調、黒木目調の3種類でしたが、MC後のモデルではエグゼクティブラウンジはブラウンオリーブ・アッシュパール木目調。新グレードのエグゼクティブラウンジSはシルバー木目調、標準系がメタルブラウンウッド、エアロ系がメタルウッドと4タイプとなった。このインストルメントパネルの変更にともないステアリングホイールも変更されています。

視認性に優れたオプティトロンメーターは従来型では、ハイブリッド車用、ガソリン車用、ガソリン車エアロタイプ用の3種類でしたが、ハイブリッド車、ガソリン車ともにエグゼクティブラウンジは専用のメーターが装着され、全5種類となりました。

新設定されたアルファードハイブリッドエグゼクティブラウンジSのセカンドシートに座ってみました。プレミアムナッパレザーは肌触りが良く、体にフィットして包み込んでくれるようです。肘掛けの中にはオットマンや読書灯、ベンチレーションを設定できる集中コントロールスイッチが入っています。また、中央部の肘掛けには格納式のテーブルが内蔵されています。

12.1インチのリアエンターテイメントシステムや高音質なサウンドが楽しめるJBLプレミアムサウンドシステムも標準装備され、まさに動くリビングルームといえる豪華さです。LEDカラーイルミネーションはその時の気分にあわせて、16色から選ぶことができます。

まさに贅を尽くした豪華な空間がアルファード/ヴェルファイアの車内には広がっています。アルファード/ヴェルファイアの車両本体価格は335万4480円〜750万8160円となっています。

(萩原文博)

【関連記事】

【新車】マイナーチェンジで外観の精悍さが増したトヨタ・アルファード/ヴェルファイア
https://clicccar.com/2017/12/28/543915/

【新車】さらにゴージャスさを増したインテリア。贅を尽くした豪華な空間を誇る、新型トヨタ・アルファード/ヴェルファイア(http://clicccar.com/2017/12/28/543937/)