ディスカバーソウルパスを購入したエジプトからの旅行客(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル市は28日、外国人向け観光パス「ディスカバーソウルパス」が発売から1年5カ月で販売2万枚を突破したと発表した。

 このパスはソウル市内の観光スポット21カ所に無料で入場でき、13の公演や免税店で割引が受けられる。2016年7月末に発売された。

 最初の観光スポットに入場した時点から24時間使用できるパスは3万9900ウォン(約4200円)、48時間のパスは5万5000ウォン。プリペイド式交通カードの機能も付いており、観光施設入場の有効期間が切れても使用できる。

 パスはフィリピンの観光客の購入が最も多く、次いで香港、マレーシア、中国の順だった。

 ソウル市は、18年前半には東方神起やEXO(エクソ)などK―POPスターをデザインにあしらったディスカバーソウルパスの韓流スター特別版を発売する。医療・美容サービスや空港鉄道なども利用できるよう特典を広げていく計画だ。