KANDYTOWN、16人の“個としての存在感”がもたらす刺激 活発なソロ活動続いた1年を追う

写真拡大

 ラッパー、DJ、トラックメイカー、エンジニア、フィルムディレクターなど、多様なスキルを持ったクルーが集まったKANDYTOWN。メンバーのソロでの動きと並行しながら、2014年11月のフリーダウンロード作『KOLD TAPE』を皮切りに、2015年は『BLAKK MOTEL』『Kruise』と2枚のアルバムをストリート・リリース。その後2016年は<ワーナーミュージック>にメジャー移籍し、音楽シーンからの高まり続ける注目度への回答編とも言えるフィジカル・フルアルバム『KANDYTOWN』を11月に発表した。

 その意味でも、“集合”の形でKANDYTOWNというクルーの凄味を提示し、シーンのトップランナーであることを2016年に提示した彼ら。それを経た2017年は、9月にTimberlandとのタイアップともなった「Few Colors」のリリースや、SUMMER SONICへの出演などがあったが、クルーとしての動きはそこまで大きくはなかった。それよりも、それぞれのメンバーがソロ作品やプロジェクトによって、個としての存在感を高めるという、“拡散”が一つのキーワードとなった一年だったといえるだろう。

 まずその先鞭をつけたのは、KANDYの顔役とも言えるIOだった。4月にリリースされた2ndソロアルバム『Mood Blue』は、スタイリッシュなラップが堪能できる、彼のカラーをより強く表した一枚だった。そこからはほぼ毎月のようにKANDYメンバーの作品が矢継ぎ早にリリースされていく。

 5月にはDony Jointがアルバム『A 03 Tale, ¥ella』をリリースし、そのいぶし銀のダンディズム(25歳なのに!)と、そこに篭もる熱を見せつけた。そして7月にはMUDが『Make U Dirty』をリリース。KANDYの中でも、母体となるBANKROLLやYaBastaといったグループではなく、元々ソロとして活動してきた彼のアルバムは、KANDYのレコーディングなど裏方面も支えるNeetzがフルプロデュースを手がけ、G-FUNKテイストの楽曲など、KANDYのイメージをやや変化させるような作品性が印象的だった。

 ビートメイカーのMIKIは、9月にDIANとMUDを迎えた、鮮やかでセンチメンタルな彩りを持つ「End of Summer」、12月にも「Oversea (feat. Raz Fresco & IO)」を発表。昨年アルバム『On The Korner』を発売したKIKUMARUも、9月にEP『FOCUS』をリリースした。KIKUMARUは他にもトラックメイカーLEAPの「in da city」にも参加するなど、これまで通りの制作意欲の高さを見せていた。

 そして10月にはRyohuがバンドとのコラボを展開した意欲作『Blur』を完成させ、ラッパーとして参加している別ユニット・AUN BEATZでの経験や、下北沢GARAGEを中心としたバンド界隈との繋がりを、ソロ作品としても昇華した。

 DJチームもMASATOとMINNESOTAHがタッグを組み、レイ・チャールズやアーチー・ベル&ザ・ドレルズ、スピナーズなどを擁した<ATLANTIC RECORDS>のカタログからピックした楽曲をコンパイルしたオフィシャルミックス『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics” mixed by MASATO & Minnesotan』を制作。MASATOはアーバンソウルを中心にしたミックス『CITY BOY MIX 2』も12月に発売し、DJチームも気を吐いた一年となった。

 ソロでのリリースは無かったものの、2017年の音楽シーンのMVPとも言えるほどの活躍を見せたのはYOUNG JUJUで間違いないだろう。 KANDY周辺で言えばIOやMUDの作品に参加し、MUDのアルバムではA&R的な立場でも作品に携わり、作品完成への道筋をつけた。そしてKANDYの外部での仕事も多く、フロアヒットとなったAwich「Remember feat. YOUNG JUJU」や、オートチューンでのメロディアスなフロウと叙情性を見せたtofubeats「LONELY NIGHTS feat. YOUNG JUJU」、そして清水翔太「Drippin’ feat. IO & YOUNG JUJU」や、jjj「COWHOUSE feat. YOUNG JUJU」など、メジャー/ストリートを問わない、客演王としてもその需要の高さを見せた。12月にはKEIJU as YOUNG JUJUと改名し、ソロとして<ソニー・ ミュージックレーベルズ>とディールを結ぶなど、その活躍に期待が集まる。

 KANDYはことあるごとに、「ソロ作もKANDY作品だ」とインタビューで話してきた。それはもちろん、大人数クルーが故に、KANDY名義の作品であっても、メンバーが常に総登場するのではなく、メンバーの組み合わせはそれぞれであり、またソロ作品でもKANDYメンバーを客演に招くことで、それと近い感触を覚えるという物理的な部分もある。しかし一方で観念的な部分、そして彼らのハートの部分においては、“KANDYTOWNはファミリー”という意識が根底にあるのだろう。ファミリーの作品であるから、ソロであっても、そこにはKANDYの印が押され、それと同時に、ソロ作を作ることによって明確になる独自性が、KANDYの可能性を広げていく。それは本当に幸福な循環であるだろう。

 2018年はNeetzやDIAN、GOTTZ、MIKI、そしてB.S.Cのリリースが控えているという情報もあり、そこで表れる作品性や、KANDYとしてのリリースはあるかなど、その期待度は高まるばかりだ。(文=高木 “JET” 晋一郎)