睡眠薬が使われる事件が多発している(depositphotos.com)

写真拡大

 前回の(参考:睡眠薬や危険ドラッグなどの「デートレイプドラッグ」による性犯罪に注意を!)で、睡眠薬を酒などに混入させて性犯罪を企てる「デートレイプドラッグ」について解説した。さらに恐ろしいことに、睡眠薬を被害者に飲ませて、強盗、殺人を引き起こす事件が最近後を絶たない。今回は、そんな睡眠薬を用いた数々の事件について紹介したい。

 まずは2017年、我が国を震撼させた神奈川県座間市で発生した9人の連続殺人事件――。容疑者の27歳の男性は、病院で不眠を訴えて2度にわたって睡眠薬を処方されていた。

 自分では服用せず、自殺願望のあった9人を自宅に連れ込み、睡眠薬を服用させて意識レベルを低下させ、首を絞めて気絶させる。そして、ロフトにかけたロープを首に巻き吊して死亡させ、その後、死体を切断して遺棄。その異常かつ凶悪犯罪ぶりは記憶に新しい。

医療従事者が睡眠薬を用いて職場の同僚や肉親を死に追いやった事件

 看護師など医療従事者は、睡眠薬を容易に入手可能で、薬の効果に関する知識が豊富である。

 2017年、千葉県の老人ホームで起きた事件では、容疑者は同僚が飲んでいたお茶に睡眠薬を混入し、意識レベルが低下した状態で車を運転させ、かつ事故を引き起こさせて殺害しようと企てた。被害者は対向車と衝突事故を起こし重傷を負った。その後、71歳の女性准看護師が殺人未遂容疑で逮捕された。

 また1998年より数年にわたって福岡県で起こった看護師連続保険金殺人事件は、極めて悲惨な結果を招いた――。4人の女性看護師は看護学校の同窓生で、学生時代より親しい関係にあった。そのうち2人の仲間の夫に多額の生命保険金を掛け、大量の睡眠薬を混入させた酒を飲ませ、夫たちは昏睡状態に陥った。

 その後、1人をカリウム製剤と空気を静脈内に注射して殺害し、もう1人には急性アルコール中毒による死亡に装うべく、チューブを胃内に挿入して大量の酒を流し込み、さらに血管内に空気を注入して死亡させた。

 多額の保険金が犯人に支払われたが、2001年、共犯者の1人が罪の意識にさいなまれて自首したため事件の全貌が発覚する。主犯の女性に死刑の判決、ほかの2人はそれぞれ無期懲役、懲役17年の判決が下った。主犯の女性は、既に死刑が執行されているが、共犯の2人は上告。残る1人は判決前に病死したため公訴棄却となった。

トルコ共和国での睡眠薬強盗はあまりにも有名である

 トルコ共和国で、片言の日本語で親しげに接近してくる現地人に、睡眠薬入りのアルコールなどの飲み物や食べ物をしつこく勧められ、昏睡状態に陥ったのちに金品を盗まれるケースが多発している。バーなどでは犯人がウエーターがグルになって睡眠薬を混入し、犯行に及ぶこともある。

 筆者も2度、トルコに旅行した際、飲み物を持ってしつこく付きまとってきた現地人に遭遇した経験がある。当然、無視して現場を離れたが、気を許すと危険であった。毅然とした態度で拒否することが求められよう。

 同様の事件は、フィリピン、インド、カンボジアなどでも頻発しているので、海外旅行の際には細心の注意を払う必要がある。

大量に睡眠薬を服用しても死に至ることは極めてまれであるが......

 筆者は長年、自殺を企図して大量の睡眠薬を服用し、昏睡状態にて救急搬送された患者を診察してきた。そして、時間の経過とともに意識レベルは回復することを認識している。

 代表的な睡眠薬「フルニトラゼパム(1錠2mg)」を100錠以上服用した症例でも、呼吸管理と補液にて3日後には意識が回復した。

 しかし、昏睡状態で屋外に長時間放置されたり、病院で治療を受けなかった場合には、生命の危険が及ぶ可能性もある。殺人事件では、昏睡状態に陥ったのちに、首を絞めたり、刃物で切り付けたりして犯行に及ぶケースがほとんどである。

 不眠を訴えて数か所の心療内科、精神科などを受診したり、またインターネットを利用して大量の薬剤を手に入れることが容易に可能である。そして「デートレイプ・ドラッグ」や強盗、殺人などの犯罪に利用されかねない危険性があるので、厳に慎むべきである。
(文=横山隆)


横山隆(よこやま・たかし)

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆(よこやま・たかし)
小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。