井上尚弥【写真:Getty Images】

写真拡大

注目度は欧州に波及? 「モンスター」ならぬ「エル・モンストロ」で認知

 WBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は30日に横浜文化体育館で同級6位のヨアン・ボワイヨ(フランス)と防衛戦を戦う。日本で行われるV7戦は海外メディアも注目。スペイン紙は異例の特集を組み、「モンスター」の異名で知られる王者の強さについて「ボクシング界で最も恐怖されるファイター」「プロモーターはほとんど対戦を受けない」と絶賛とともに紹介している。

「ナオヤ・イノウエ、エル・モンストロ(怪物)は横浜で衝撃を求める」と異例の特集を組んだスペイン地元紙「AS」電子版だ。

 9月に米デビュー戦となった「Superfly」でアントニオ・ニエベス(アメリカ)相手に6回TKO勝ち。「モンスター」の異名通りの強さを見せた井上は、スペイン語圏では「エル・モンストロ(怪物)」として、その名を知らしめている。

 記事では、あまりの強さに対戦相手が見つからないことを紹介している。

「プロモーターの電話が鳴る。ナオヤ・イノウエとの対戦のオファーを受けた時、それを受ける人間はほとんどいない。この日本人はボクシングシーンで最も畏怖されているファイターの1人だ。スーパフライという階級では対戦できる者はほとんどいない」

 対戦相手がタイトル戦を避け続けている現状を明確に指摘。井上は統一戦を熱望し、他団体のチャンピオン陣営もモンスターとの対戦を希望するコメントを残しながら、一向に実現していない。

井上はスーパーフライ級で別格「優位性は致命的なパンチ。階級を支配している」

「彼の優位性はアメージングかつ、致命的なパンチにある。彼の階級を支配している。2017年に偉大な王者が並ぶアメリカでデビューも果たした」

 記事では、WBC世界王者シーサケット・ソールンビサイ(タイ)ら猛者のひしめきあう同級でも、井上は別格の存在と評価。さらに、井上には圧倒的な強さだけではない、ボクサーとしての華も兼ね備えているという。

「彼のボクシングは魅力的だ」と称賛。パンチの威力のみならず、スピード、パンチの正確性から「誰も彼に対してトラブルに追い込むことはできていない」と無敵ぶりが特筆されている。

 対戦相手が見つからないほどの強さは海を越え、スペインにも響いている。モンスターは年内最終戦でどんな戦い振りを見せてくれるのか。2017年の集大成となるゴングが鳴る。(THE ANSWER編集部)