画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクとスカイマークは12月28日、航空機の安全運航に向けた取り組みの一環として、VR(バーチャルリアリティー、仮想現実)技術を活用した映像コンテンツによる研修効果を検証することを発表した。

360度のVR映像を従来の研修・訓練などに導入することで、技能向上や知識習得などに有効活用が期待できることから、ソフトバンクとスカイマークはVR映像を活用できる研修や訓練などの項目とコンテンツの検討を進めていくという。