(株)アルゴノーツ(TSR企業コード:295848022、法人番号:6011101036752、新宿区西早稲田3−20−3、設立平成15年12月15日、資本金4000万円、皆川純一社長)と、関連の(株)クラウディア(TSR企業コード:297168150、法人番号:9011101046393、新宿区西新宿1−25−1、設立平成19年7月19日、資本金3000万円、同社長)は12月20日、東京地裁から破産開始決定を受けた。破産管財人には小島伸夫弁護士(東京まどか法律事務所、千代田区神田須田町1−13−8、電話03−3254−6788)が選任された。
 負債は、アルゴノーツが金融債務を主体に約54億4500万円、クラウディアが約4500万円、2社合計約54億9000万円。

 アルゴノーツはマンション売買など不動産事業を主力としていた。首都圏を主な営業エリアに、オリジナルマンションブランド「アリュージュ」シリーズを展開。しかし、リーマン・ショックによる不動産市況の急激な低迷から経営が悪化し、資金調達も困難となったことから経営に行き詰まり、平成20年中に事業を停止していた。
 関連のクラウディアは不動産業に付帯する業務を手掛けていたがアルゴノーツに連鎖した。