マーカス・ストローマン【写真:Getty Images】

写真拡大

米メディア“2017名場面動画”企画、ブ軍右腕の曲がりすぎるスライダーが話題

 今年も数々の印象に残るシーンが生まれた米大リーグ。MLBの動画紹介サイト「Cut4」は今年紹介した“名場面動画”を特集し、「最優秀投球GIF(動画)」として、ブルージェイズの右腕が投じた衝撃のスライダーを紹介。当時、公開された映像を見たファンが「フリスビーを投げた時みたい」「今まで見た中で一番ぞっとする」と驚嘆した“魔球”が脚光を浴びている。

 なぜ、こんな軌道を描けるのか。驚異の変化球を投じ、脚光を浴びているのはブルージェイズの右腕、マーカス・ストローマン投手だ。

「Cut4」が紹介したのは、7月8日のアストロズ戦の5回だった。1死走者なしで迎えた右の強打者コレア。カウント2-2と追い込むと、選んだのはスライダー。しかし、右腕から投じられた1球はとんでもない変化を見せた。

 ノーワインドアップからゆったりと足を上げ、全力で腕を振った。放たれた白球は外角いっぱいにストレートの軌道を描き、進んでいく。ところが、だ。打者のコレアがバットを出そうと、ベース手前に差し掛かった瞬間、急激に曲がり、沈みながら打者から逃げていった。これにはコレアのバットも無残に空を切るしかなかった。

 今回の記事では「最優秀投球GIF」と紹介した上で「マーカス・ストローマンはこのスライダーを糸で操っていたわけじゃない…と我々は思っている」と紹介。映像を見ると、結果的に捕手が捕球した位置は明らかなボール球だが、強打者のバットが出てしまうのは、それだけ軌道が規格外だったからにほかならない。

当時はファン仰天「正直、今まで見た中で一番ぞっとするスライダーだ」

 当時は映像を観たファンから続々と仰天の声が上がっていた。

「正直、今まで見た中で一番ぞっとするスライダーだ」

「フェアじゃないよ」

「ワオ、セクシーなスライダー」

「オールスター級」

「これは馬鹿げてるよ」

「野球ボールの代わりにフリスビーを投げた時(みたい)」

 今季はWBC米国代表に選出され、先発した決勝で快投し、大会MVP、最優秀投手など鮮烈なインパクトを残し、シーズンでも自己最多の13勝(9敗)を挙げ、充実一途のシーズンとなった。「今年NO1動画」に選出された魔球を武器に来年もさらなる躍進を見せてくれそうだ。(THE ANSWER編集部)