理事会に臨む貴乃花親方(右から2人目)=両国国技館(撮影・棚橋慶太)

写真拡大

 大相撲の元横綱日馬富士が貴ノ岩を暴行した事件で、処分が先送りとなっていた貴ノ岩の師匠・貴乃花親方の懲罰を協議する日本相撲協会の臨時理事会が28日、東京・両国国技館で行われ、約1時間で終了した。

 出席した貴乃花親方は報道陣の問いかけに無言を貫き、迎えの車に乗って国技館を後にした。

 貴乃花親方は巡業部長でありながら秋巡業中の出来事の報告義務を怠り、協会危機管理委員会による調査協力の要請を何度も拒否したことが問題視されていた。

 国技館前にはテレビ各局の中継車がズラリと並び、注目の高さをうかがわせた。