福岡市内で連日満席になる人気のうどん居酒屋「二◯加屋長介」が、東京の新名所「中目黒高架下」に初上陸した。福岡名物の “胡麻サバ”を東京風にアレンジした“胡麻かんぱち”や、魚のすり身を揚げた“丸天”などなど、九州の食を揃えたつまみは非常に豊富でなんと約80種類!

二◯加屋長介 中目黒店(最寄駅:中目黒駅)

〆までウマい!福岡発のうどん居酒屋

 それらをお供に、日本酒や焼酎をたっぷり楽しんだ後のシメは、モチロンうどんで決まり。糸島産の小麦粉で打つ麺は、ツルツルとしたなめらかな舌触りで喉をすべるように通っていく。羅臼昆布とイリコからとるダシに、福岡から取り寄せる醤油で味つけしたツユは、すっきりとした味わいで、舌と胃にじんわりと沁みる。

もつしょうゆつけうどん

福岡名物のモツ鍋をイメージしたつけ汁で、和牛モツのコクと脂の甘みがたっぷり

雲仙ハムカツ

長崎の「雲仙ポーク」を使ったハムはジューシーで贅沢な味わい

長介サラダ

名物の山盛りキャベツサラダ。あっさりとした特製ドレッシングでスルッと胃袋におさまる

胡麻かんぱち

新鮮なカンパチをほんのり甘い九州醤油と胡麻ペーストで和える。日本酒にも焼酎にもピッタリだ

二◯加屋長介 中目黒店

東京都目黒区上目黒3-5-29 中目黒高架下54 [TEL]03-6452-4170 [営業時間]18時〜翌3時(翌2時LO)、日・祝17時〜23時(22時LO) [休日]不定休 [席]テーブル28席 計28席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]東急東横線、地下鉄日比谷線中目黒駅西口から徒歩3分