SAY-LAの2ndシングル「3000年に一度のハピネス」インタビュー。後編では、2017年を振り返りつつ、今後の展望などについて話をしてくれた

写真拡大

“3000年に一度の正統派アイドル”ことSAY-LAが2018年1月2日(日)、2ndシングル「3000年に一度のハピネス」をリリースする。

【写真を見る】いずみん、まさかの暴露!?「実はスイカ記念日の3人って、仲が良くないらしくて…」

それを前に、メンバーにインタビュー。後編では2017年を振り返りつつ、今後の展望などについて話をしてくれた。

【SAY-LA、2ndシングル「3000年に一度のハピネス」で愛を歌う? より続く】

■ グループの環境が大きく変わった2017年

――2017年は、グループの環境がすごく変わりましたね。

藤沢:やっぱり、2人辞めて、その後は4人でしばらく活動していて。

森:取材している中で、「あれ? 前回とメンバー違うなあ」っていうグループ、そんなにないですよね(笑)。

――あまりないですね…。

森:ですよね!?

藤沢:変わったことは何だろうね? 特に、すごく大きな変化があったわけでもないし。

森:スタッフさんで1番トップの人は、すぐ新しい風を取り入れたがるんですよ。新しいことが好きなんだよね? どんどんチャレンジしていきたいし、でも今までのメンバーが頑張ってくれた事もしっかり引き継いでいけてると思うので、マイナスではないと思います。

■ SAY-LAが2017年を振り返る

――2017年もそろそろ終わりですが、皆さんにとってどんな年でしたか?

東江:私は、地元が大分県なんですけど、ずっと念願だった九州で凱旋ライブという形で、SAY-LAで九州に行けたってことがすごく嬉しかったです。SAY-LAファンの皆さんも、結構それを待っていてくれてたみたいで、一緒について来てくれた方もたくさんいらっしゃって。

それを家族に見てもらえたことも嬉しいですし。個人的な思い出なんですけど、念願が叶って嬉しかったです。スタッフさんも「行かせなければよかった」って(笑)。「あがりぃが、夢を叶えちゃった…」って。でも、本当に嬉しい思い出ですね。

――いろいろ希望がかなったんですね。

東江:ありがとうございます。SAY-LAには、まだまだ大きい目標とかあるので、メンバーも少しずつでも叶えていって、「アイドル人生、良かったな」って思ってほしいですね。お母さんみたいになっちゃうんですけど(笑)。

藤沢:今年はDVDを出したんですけど、音源だけじゃなくて、映像化もしてもらたというのが嬉しくて。そして、結果も残せたから良かったです。あと、個人的には去年よりも歌が結構上手くなったので…上手くなったというか、上達したので、まだまだこれからも頑張りたいなって思いました。

森:私は、不完全燃焼な1年でしたね。去年シングルを出して、波に乗っている中でのメンバーの脱退とか新体制とかで。私、今いるメンバーの中でも古い方になってしまって、その中で「支えなきゃ」「引っ張っていかなきゃ」っていう責任を感じながらも、自分のキャラを大切にしていきたいっていう2つの気持ちの間で葛藤していて。

その葛藤の決着が付かないまま、1年が終わるなって感じてますね。グループの中での役割や、それをグループにどう生かせるのか?、今回の「3000年に一度のハピネス」を発売してから続くSAY-LAと私がどう頑張っていくか?が課題になるんじゃないかなと思いますね。

――新メンバーの大咲さん、吉永さんいかがでしょうか?「1年を振り返って」と言われても、困るかもしれませんが…(笑)。

大咲:個人的な事になっちゃうんですけど。私、SAY-LAが初めてのグループではなくて、ここに来るまでにもアイドルを何組かやっていて。ファンの人にも言われるんですけど、「激動な1年だね」って。1年前とは比べものにならないぐらい、激動だなって自分でも感じますね。アイドル人生で一番充実してるなって今感じてて、この1年間、思い通りにいかないような事とか、悔しい思いとか、悲しい気持ちとか、いろいろ感じながらアイドルをやってた時があって。

そんな中である日、SAY-LAの前に候補生的なグループのBABY TO KISSのオーディションを受けたんですけど、SAY-LAがCDを出したりしてるのを見ていて、衣装も可愛くて、「私が理想とする“可愛いアイドル”だなあ」って思っていたので、思い切ってオーディションを受けてよかったなと思います。でも、今が充実しているからといって、この状況に満足しないで、もっといっぱい輝けたらいいなって。ある意味、新しい目標が見つかった1年だなって思います。

吉永:私は元々、アイドルの可愛い衣装だったり、SAY-LAを含めたキラキラしたアイドルがすごく好きで、自分自身がよくライブに足を運んでいた側だったので。SAY-LAのPVを見たり、衣装が6種類ぐらいあるんですけど、全部可愛いなって。憧れの存在だったので、1年前はまさか自分がSAY-LAに加入しているなんて思ってもいなかったです。

れぃれぃと同じで、その前にBABY TO KISSっていう候補生のオーディションを思い切って受けてみて、そのBABY TO KISSから昇格したのもこの2人だけなので、こうしてこの2人がSAY-LAに加入できたことをすごい誇りに思います。

入って本当に間もないのに、偉大なあがりぃさんが卒業してしまうということで、「私が戦力になれるのか?」っていう不安とかも正直めちゃくちゃあるんですけど、加入できたからには頑張って引っ張って行けるようになりたい!って思います。

■ あがりぃ卒業でスイカ記念日は?

――ちなみに東江さんがいなくなったら、スイカ記念日はどうなるんですか?

東江:でも、東江さんとあがスイさん、全然別物なので…そこはやっぱり。ねっ。

藤沢:たぶん、スイカ記念日さんにも、スイカ記念日さんなりの事情とかもあるんじゃないですかね。実はスイカ記念日の3人って、仲が良くないらしくて。

森:ちょっと(笑)。

東江:はい。いろいろギスギスしてるんですけど。でも噂では今年中にも何かしらの動きがあるということを、小耳に挟みました。

藤沢:はい、私もですね。

東江:今後の展開にも注目ですね。

藤沢:そうですね。

東江:私たちが言うことではないんですけど。

藤沢:私たちもファンの立場だから、詳しくは分からないけどね。

東江:今後に期待してください。

藤沢:動きがあるらしいです。

――そういう設定でしたね。別の人っていう。

東江&藤沢:そうですね(笑)。

■ “3000年に一度”を力強く押す!?

――では、最後にニューシングルを心待ちにしているファンの皆さんにメッセージをお願いします。

東江:1月2日に発売になる「3000年に一度のハピネス」は、SAY-LAの“3000年に一度の正統派アイドル”という私たちの“正統派感”を出している曲だと思うし、先ほど言ったように色んな“愛”のこもった歌なので、幅広い年代の方に聞いてほしいです。ファンの皆さんにとっては「こじらせ片想い」がSAY-LAの代表曲というか、SAY-LAをそんなに知らなくても「『こじらせ』、好き」とか言ってもらえたりして、「こじらせ」がすごいたくさんのファンの方に知ってもらえたのが嬉しかったんですけど、「3000年に一度のハピネス」もそのくらい色んなアイドルファンの方に聞いていただけるような曲にしたいと思って頑張っています。

私は卒業してしまいますが、2年間とても楽しいSAY-LAの活動でした。新しいメンバーも入って、バトンを引き継いだので、「3000年に一度のハピネス」の歌詞に「バトン受け継ぎながら 少しずつ前に進んできた世界♪」ってあるんですけど、それを歌っている時に、自分の気持ちとすごいシンクロして(笑)、卒業してしまうメンバーがいるけど、バトンを引き継いで、ずっとSAY-LAが続いてほしいなって思います。今まで私を応援してくれたファンの人も、ずっとSAY-LAを応援してほしいなって思います。

藤沢:SAY-LAとしては2枚目のシングルで、曲の紹介とかでも言ったんですけど、「3000年に一度のハピネス」は“3000年に一度の正統派アイドル”というキャッチフレーズと似たタイトルで、「SAY-LAには欠かせない歌」みたいな感じになってほしいですね。世界観も壮大で、MVを見てもらえば分かると思うんですけど、お城の前で撮ったりしてて。背景がお城とか、世界観が壮大なので、そういう所にも着目して、多くの人に聞いてもらいたいですね。

吉永:サビの歌詞に「大好きな人たちに大好きと言おう後悔しないように」っていう歌詞があるんですけど。やっぱり、人ってみんな後悔した事が絶対にあると思うんですけど、「後悔しないように、自分の生きたい道を生きよう!」っていう前向きな曲で、そういう素晴らしい曲に私も携わって歌えたことが嬉しかったので、ぜひたくさんの人に聞いていただきたいなって思っています。

大咲:私といずみんさん、るりちゃん(天原瑠理)が歌っている所があって、そこの歌詞で「感謝せずにいられない」とか「この宇宙で」とか、大きいことになっちゃうんですけど(笑)、目の前にいるお客さんとかに1回1回、感謝しながら歌うような気持ちで私たちもやっているので、その時に聞いている人とかも…リリース日が1月2日で、実家に帰っている方もいらっしゃると思うので、そういう時に家族の方に「ありがとう」とか、そういう感謝の気持ちを伝えようかなって、少しでも心が動いてくれたら嬉しいです。

感謝を伝えることを忘れたら、絶対後悔しちゃうと思うので。東江さんの卒業とかもあって、メンバーの色んな気持ちがこもっている曲になっていると思うので、そういうのが伝わってほしいですね。

森:曲の紹介は、メンバーのみんながしてくれたので(笑)。1stシングルを出した時に、“3000年に一度の正統派アイドル”としてSAY-LAは活動するって、後付けなんですけどキャッチコピーができたんですね。

その「こじらせ片想い」の時には“3000年に一度の正統派アイドル”が浸透しなかったので、今回“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LAを「3000年に一度のハピネス」と一緒にプッシュしていけるということで、とにかく曲はもちろん聞いてほしいんですけども、“3000年に一度”っていうのを力強く押していきたいですし、この記事を読んでくださった人に、それだけでも覚えてほしいです。CDを取ってくれるのはそれからでもいいくらい、そこを押していきたいです!

――「3000年」って呼ばれたりとか。

森:呼ばれたいですね。まだまだ“3000年”というと、規模が大き過ぎて想像がつかないんですけど、今までいらっしゃった橋本環奈さん、滝口ひかりさん…。

藤沢:1000年と2000年。

森:そう、いらっしゃるので、それを超えられるまで、この今のメンバーで頑張っていきますので、ぜひ覚えてください!(笑)(ザテレビジョン)