28日、韓国が慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証結果を発表したことに関し、中国・環球網は「日本が韓国に警告。安倍首相の五輪出席は困難か」と題する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2017年12月28日、韓国が慰安婦問題をめぐる日韓合意の検証結果を発表したことに関し、中国・環球網は「日本が韓国に警告。安倍首相の五輪出席は困難か」と題する記事を掲載した。

韓国外相直属の作業チームは27日、15年末の日韓合意は元慰安婦の意見を十分に反映しておらず、朴槿恵(パク・クネ)前政権による日本との協議には問題があったとの検証結果を発表した。記事は「韓国には合意の見直しや廃棄を求める声があるが、日本が簡単に応じるはずはない」として、菅義偉官房長官が結果発表に先立つ27日午前の記者会見で「15年末の合意は慰安婦問題の最終的で不可逆的、その解決について日韓両国で確認したもの。合意が着実に実行されることが極めて重要」と述べたことを紹介した。

さらに、河野太郎外相が同日、「韓国政府が報告書に基づき合意を変更しようとするのであれば日韓関係はマネージ不能になる」「合意に至る過程に問題があったとは考えられない」との談話を発表したことも取り上げた上で、今月19日の日韓外相会談で河野外相が合意の着実な実施を求めたこと、安倍晋三首相の平昌冬季五輪出席をめぐって「このままでは難しい」と康京和(カン・ギョンファ)外相に述べたと報じられたことを指摘した。

記事はまた、「日本メディアも次々と警告を発している」として、韓国側の対応次第では日韓関係が冷え込んだ状況に陥るとの指摘が出たことにも言及。「平昌五輪の成功を危ぶむ声も出る中、韓国側のプレッシャーは想像に難くない」とし、ある韓国メディアが「合意にある過ちを正すことは必要だが、廃棄や見直しは簡単なことではない。是正と同時に両国関係に動揺を与えないようにしなければならず、韓国政府にはより巧妙な外交戦略が求められる」と報じたことを伝えた。(翻訳・編集/野谷)