画像提供:マイナビニュース

写真拡大

阪急阪神ホテルズが運営する眠りをデザインするホテル「レム」はこのほど、ファイテンとコラボレーションした「RAKUWAブレス付宿泊プラン」の提供を開始した。

ホテル「レム」は、ホテルにチェックインしたときから翌朝の出発まで、宿泊者が五感を通じて「よい眠り」を実感できるようデザインされている。全客室には、体をやさしく受けとめるオリジナルベッド「シルキーレム」をはじめ、開放的なシャワーブースと疲れを癒やすレインシャワー、マッサージチェアを配置している。

今回提供を開始したプランは、ホテル滞在中の睡眠をより「質の良い睡眠」にしてもらいたいという想いから、体を本来のリラックス状態に導く「RAKUWAブレス」を開発したファイテンとコラボした。RAKUWAブレスは、ファイテン独自のナノテクノロジーにより、ブレス内側に配合されたミクロチタンボールが、体をリラックス状態へ導くという。

ブレスは、黒地を基調としたスポーティーなライン模様で、男女問わず使用できるスタイリッシュなデザインとなっている。サイズは15cmと17cmの2種類から、好きなサイズをチェックインの際に選択できる。さらに特典として、レムオリジナルデザインの「ファイテンパワーテープ(6枚入)」も付く。

宿泊料金(朝食なしで1室1名の一般料金)は、レム日比谷・レム秋葉原・レム六本木が1万1,500円〜、レム新大阪が9,500円〜、レム鹿児島が6,900円〜。

※価格はすべて税込