平昌五輪女子アイスホッケー日本代表に追い風である。

 25日の国際壮行試合は世界ランク4位(日本は9位)のロシア相手に逆転勝ち。格上相手に大金星を挙げ、平昌に弾みをつけた。

 今大会は組織的ドーピング違反により、ロシアの選手は個人資格でしか参加できない。代表メンバー6人の禁止薬物使用が発覚したアイスホッケーの出場は微妙だ。仮に出場できても、ロシア選手団の記録は公式に認められないため、団体競技であるアイスホッケーはオープン参加になるという。

 女子アイスホッケーは米国(1位)、カナダ(2位)など世界ランク上位4カ国の「A組」と、スウェーデン(5位)、スイス(6位)、日本など下位4カ国の「B組」、計8カ国で予選リーグを実施。B組上位2カ国がA組の4カ国と決勝トーナメントを戦う。A組ロシアの決勝トーナメント進出が認められなければ、B組から3チームが勝ち上がる可能性もある。B組での日本の位置付けはスウェーデン、スイスに次ぐ3番手。開催国枠で出場の韓国(22位)を下せば、初の決勝トーナメント進出も見えてくる。

 米国、カナダなどの強豪は今回、ドーピング違反歴のある選手を代表から外した。ロシアの自滅もあり、アイスホッケー日本代表は、まさか、まさかの上位進出もありそうだ。