新垣結衣

写真拡大

 新垣結衣と星野源が主演し、2016年の大ヒットドラマとして人気を博した『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)。この年末年始にかけて、全話一挙放送が決定し、多くの『逃げ恥』ファンから喜びの声が上がっている。

 一方、その裏側で、新垣と俳優・三浦春馬の“復縁”がささやかれており、注目されているという。

「夏頃から、三浦との復縁のウワサが流れている。新垣は“視聴率女王”ともいわれ、今が旬の女優。これが事実であれば、所属事務所のレプロエンタテインメントは反対することが予想される。復縁は、事務所との板挟みになるのではないかと危惧されているんです」(ドラマ関係者)

 新垣と三浦は2007年に公開された映画『恋空』で共演。その後、新垣はドラマで共演したジャニーズ事務所の関ジャニ∞・錦戸亮とウワサになったが、ジャニーズの横やりで破局している。そのうちに三浦との交際が始まったが、錦戸の時のように事務所関係者から干渉されたくなかったため、極秘で交際を続けていたという。

 しかし、昨年の9月に三浦の熱愛が発覚。相手は、世界で活躍するダンサーの菅原小春で、アプローチは三浦自身からだったとか。新垣は『逃げ恥』のスタート直前に知ることとなったが、菅原との熱愛のショックは計り知れないほどであったという。

 三浦の熱愛発覚前、新垣と同じくレプロに所属していた人気女優の能年玲奈(のん)が事務所との関係悪化による独立トラブルで、昨年6月に契約が終了となった。これにより、事務所の看板女優として、新垣の負担が大きくなり、彼女には相当なプレッシャーがのしかかった。

 ドラマへの影響も心配されたが、『逃げ恥』はエンディングの“恋ダンス”もブームとなり、テレビ朝日系の人気ドラマシリーズ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』と肩を並べるほどの視聴率と話題性を獲得した。『逃げ恥』は16年を代表するドラマと評価され、放送から1年たってもブームは収まることがなく、年末年始の全話一挙放送が実現するほどの人気作品となった。

 その後も、新垣はフジテレビの人気“月9ドラマ”『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』に出演し、高視聴率に貢献するなど、女優として絶好調であった。主演映画の『ミックス。』も公開となり、10月23日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)に宣伝を兼ねてゲスト出演。下品な話題が出ても、嫌な顔一つせず「下ネタ、どんどん、やってください」と発言するほどの上機嫌だったという。

 関係者によると、新垣のハイテンションぶりはその番組の前より続いており、三浦と復縁したのではないかとウワサされていた。

 というのも、熱愛報道がなされていた三浦と菅原は、ネット上での炎上が原因で破局したといわれていたからだ。今年4月に、菅原が自身のインスタグラムで、サラリーマンをバカにするような投稿をし、炎上。これによって批判が菅原だけでなく、三浦にまで及び、「別れろ」という書き込みがなされるようになった。結果、喧嘩が絶えず、関係が悪化してしまったのだという。

 そんなことを知ってか知らずか、新垣が久しぶりに三浦にメールしたことがきっかけで、2人は夏に再会し、そして復縁がウワサされることになったようだ。

 新垣は、ほかのバラエティ番組では、結婚について「29歳になったので、いつかはしたい」と願望を語っているだけに、三浦との交際の行方が注目されるが、新垣はレプロの看板女優であるため、事務所側の反対が予想される。

 売れっ子女優の恋愛と利益を追及する事務所との軋轢は、避けられないだろう。果たして、新垣がどうクリアするか……?
(文=本多圭)