SKE48の4週連続企画。初回は高柳明音が登場!/撮影=石塚雅人

写真拡大

2018年10月にデビュー10周年を迎えるSKE48。1月10日(水)には22枚目のシングル「無意識の色」をリリースする。

【写真を見る】高柳は2作連続でセンターを務める小畑優奈についてもコメント/撮影=石塚雅人

「週刊ザテレビジョンPLUS」では、10周年イヤー突入&「無意識の色」リリース記念企画として、12月21日配信号から4週にわたってSKE48メンバーが登場。WEBサイト「ザテレビジョン」では、そのインタビューの完全版を公開する。

初回はSKE48の2期生・高柳明音。「無意識の色」という楽曲の意味や、ナゴヤドームコンサートへの“リベンジ”の思いなどを語ってもらった。

■ 「無意識の色」は10周年の1発目にふさわしい曲

――初めに、「無意識の色」がどんな楽曲か教えていただけますか?

SKE48が10周年イヤーに入るということで、“10周年に向けての1発目の曲”にふさわしい曲になっています。 “自分の目標をつかみにいく”という意味の振りもあって、「まだまだ、ここからスタートだ」というような曲だと思います。

歌詞は、自分たちが意識していない関係性を、改めて見詰めてみるというような内容です。“無意識の色”と言うと、“無色”を想像しがちですけど、恋人関係や友人関係、ファンと私たちの関係など、いろんな関係性を色に例えながら、「お互いの色ってどういう色なんだろうね」って歌っている曲になっています。

私は、SKE48の歴史のポイントとなるところにはシングル曲があると思っています。「この曲のときはすごく盛り上がっていたな」とか、「このときはあまりうまくいっていなかったな」とか。今回の歌詞の中に“不安なオレンジ”という、SKE48のイメージカラーのオレンジが使われているところがあるんですけど、「SKE48が不安定だった時期も今につながっているんだよ」っていう意味なのかなって思います。

■ 小畑優奈は“運を引っ張ってこられる子”

――今回の衣装の袖には、これまでのシングル曲をモチーフにしたワッペンがあしらわれていて、皆さんはその中から選んだ3つを衣装の胸元に貼っていますが、高柳さんが選んだ3つのワッペンと、その理由を教えてください。

私は「パレオはエメラルド」と「1!2!3!4! ヨロシク!」と「片想いFinally」を選びました。「パレオはエメラルド」はSKE48の1つのピークの瞬間だったから、すごく思い入れもあって、「1!2!3!4! ヨロシク!」は初めて選抜メンバーが16人になった曲で。「片想いFinally」は初めて「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出られた曲だったり、思い入れはそれぞれどの曲にもあるんです。

2ndシングルの「青空片想い」から選抜メンバーとしてシングル曲を歌わせてもらっているので、「青空片想い」や「ごめんね、SUMMER」も入れたかったんですけど、デザイン的にパッと見て分かるものがいいなと思って、最終的にこの3つにしました。昔からSKE48にいるからこそ選べる曲にしようと思ったんですけど、「片想いFinally」は意外にみんなが選んでいたので、メンバーから愛されている曲なんだなって分かってうれしかったです。

――「無意識の色」では、前作の「意外にマンゴー」から2作連続で小畑優奈さんがセンターになりました。松井珠理奈さん以外が連続してセンターを務めることはこれまでなかったと思いますが、SKE48の選抜メンバーとして長い間活動されている高柳さんは、小畑さんの2作連続センターを聞いたときにどんなことを感じましたか?

「意外にマンゴー」のときは衝撃的でした。「12月のカンガルー」で(北川)綾巴とかがWセンター選ばれて、いろんな意見があったり、「前のめり」で(後藤)楽々が前に立ったときも、風向きがよかったかといえば、そうではなかったと思うんですけど、ゆなな(小畑)はそんな中で温められて、絶好のタイミングでセンターになったと思います。

「意外にマンゴー」という曲名から、マンゴー関連のお仕事もいろいろやらせていただいたりして、そういう運を引っ張ってこられる子なのかなと思いました。なので、この曲でもセンターになったって聞いて、SKE48にもっといい風が吹くさらなるきっかけになったらいいなって思います。

■ 10周年はナゴヤドームでリベンジしたい!

――2018年にSKE48は10周年を迎えますが、10周年イヤーにSKE48でやりたいことはありますか?

「ナゴヤドームに立ちたい」という気持ちがすごく強いです。私は2014年に一度そのステージに立たせていただいたんですけど、そのときにできなかったこともたくさんあって。すごく楽しかったし、感動したし、思い出もたくさんあるんですけど、リベンジしたいという気持ちがあります。

あと、10周年イヤーはライブをたくさんやりたいです。9年半、SKE48として活動してきて、もうすぐ私も10年目に突入するんですけど、正直、よく26歳まで続けてるなって自分でも思います(笑)。卒業を決めたわけではないんですけど、SKE48でいるうちにできることって、みんなでライブができることだと思うので、1つでも多くのライブができたらいいなって思います。

――そのナゴヤドームで“できなかったこと”って何だったんですか?

“一緒に作り上げる”ことができなかったんです。あのときは“スタッフさんたちが考えてくれたセットリストと構成をステージでパフォーマンスする”というのが、SKE48のやり方でした。でも、今はスタッフさんたちがセットリストを作っている場で私たちも意見やアイデアを出し合いながら、一緒に作り上げる関係性が築けているので、新しくできることがあると思っています。

あと、2014年はナゴヤドームで2日間やったんですけど、初日は1期生だけの曲で始まったんです。そのとき、私たちは警備員の格好をして客席に隠れていて、「念願のナゴヤドームなのに、何で1曲目にステージにいられないんだろう」って思いがあって悔しかったんです。

確かに、2曲目で隠れていたメンバーがお客さんの近くで踊りだすっていうサプライズではあったんですけど、やっぱり、思い返すとアイドルとしてちゃんとステージから始まりたかったなと思うので、今度こそステージから始めたいです(笑)。「私たちがSKE48です!」って最初からステージに立っていたいなって思います。

今なら「ちょっとその演出は悔しいです」って意見を言えていたと思うんですけど、当時は「あ、分かりました。警備員ですね」って話が進んじゃったので。1期生だけのステージという感動もありましたけど、今だったら全然違うやり方があるかなって思います。

■ プライベートではバスケ観戦に熱中!

――では、最後にプライベートなことについてもお聞きしたいと思います。鳥、カメラ、ラーメンなど多趣味な高柳さんの中で、今一番熱いものを教えてください。

(食い気味に)バスケットボールです! 「シーホース三河」という愛知にある日本のプロバスケットボールリーグ・Bリーグのチームを応援しています。今までスポーツ観戦は野球くらいしか行ったことがなくて、バスケも学生時代に授業でちょっとやったくらいだったんです。

漫画やアニメをよく見るんですけど、スポーツ漫画って「そんなギリギリなことある!?」みたいな非現実的なことが多かったりするじゃないですか(笑)。でも、バスケはそれがあり得るスポーツなんです。ラスト3秒までどうなるか分からないスポーツって、あまりないと思うんですよ。

私は何かに対して格好いいってあまり思ったりしないんですけど、バスケの世界はすごく格好いいなって思っていて、試合を見ると人が変わったように「格好いい!」を連発します(笑)。

しかも、「シーホース三河」の方針が“一緒に参加してもらうバスケ”だと聞いて、それってすごくSKE48と似ているなって思って。私たちもファンの方に声援を送っていただけるとすごく頑張れるから、私も本気で応援しています。(ザテレビジョン)