シャポバロフがカナダメディアによる男性アスリートオブザイヤーアワードを受賞

写真拡大

デニス・シャポバロフ(カナダ)が、カナダメディアの関係者らで選ぶライオネル・コナカー賞(男性アスリートオブザイヤーアワード)を受賞した。シャポバロフが公式Twitterで明らかにした。

シャポバロフは現在、18歳とまだ10代ながら、51位に入ってきており、2017年の活躍で大きな注目を浴びた。2017年1月2日には250位だったところ、10月30日には一時、49位と50位以内に入るまでランキングをあげて躍進した。

ほかにも、カナダ・モントリオールで開催された「ロジャーズ・カップ」ではラファエル・ナダル(スペイン)を3回戦で破った(3-6、6-4、7-6(4))上に、準決勝まで、同選手は進出し、ファンを驚かせた。

さらに、予選で敗退したものの、同選手は「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」にも参戦しダイナミックなフォアハンドや、鋭い片手バックハンドから繰り出されるキレのある打球で、実力ある対戦相手も苦しめた。

そのシャポバロフが今回、カナダの男性アスリートオブザイヤーアワードを受賞。いっそう、今後の同選手への期待も高まりそうだ。

今回の受賞を報じたCP24によれば、シャポバロフは「正直にいって、大きな名誉に圧倒されています。今後も継続し、一生懸命取り組みます。非常に嬉しいです」とコメントしたという。

シャポバロフはほかにも、カナダ人テニス選手から選ぶ「最優秀男子選手賞」や、ATP(男子プロテニス協会)が選ぶ2017年の「モストインプルーブドプレーヤー」にも選出されており、さまざまな形で表彰されている。2018年シーズンの活躍にも注目だ。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ATPファイナルズ」での表彰式に出席したシャポバロフ
(Photo by Hongbo Chen/Action Plus via Getty Images)