それでも、嫌われることを恐れるあなたが覚えておくべき言葉とは?

写真拡大

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』がダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

陰口を言われても、嫌われても、あなたが気にすることはない。
「相手があなたをどう感じるか」は相手の課題なのだから。

「私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。私は私。あなたはあなた。でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なこと。たとえ出会えなくても、それは仕方のないこと。私は私。あなたはあなた。あなたはあなた。私は私」
フレデリック・S・パールズ

「神よ、願わくは我に 変えられることを変える勇気と 変えられないことを受け入れる忍耐力と 両者の違いを理解する知恵を与えたまえ」
ラインホールド・ニーバー

 私たちが他人の感情や行動をコントロールすることはできません。できないことをしようとするから苦しいのです。相手の課題に踏み込まず、自分の課題に相手を踏み込ませなければいいのです。

 相手があなたを評価するかどうかは相手の課題です。たとえ陰口を言われたとしても、あなたが間違っているとは限りません。自分が正しいと思うことを続ければいいのです。他者からどう思われるかを気にするから苦しくなる。課題を明確に分離すればいいのです。

「課題の分離」ができるようになったとき。それは幸福な人生への第一歩です。 あなたの心は軽くなり、対人関係もぐんと改善することでしょう。人生に革命が起こる瞬間です。