放送開始当初から番組に出演してきたハブサービスに直撃!/(C)TBS

写真拡大

12月29日(金)夜11時50分からTBSで「朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017」が放送される。

【写真を見る】ハブサービスは「ぴったりあわせてみよう」を披露!/(C)TBS

「あらびき団」は、“あら削り”な一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組で、2007年10月から2011年9月までレギュラー放送されていた。MCを東野幸治(ライト東野)と藤井隆(レフト藤井)が務め、ファンの中では“伝説”と称される異色の番組だ。

番組の魅力に迫る短期連載企画の第7回では、奇抜なタイツ芸でレギュラー時代から「あらびき団」を支え続けてきた団員の一人、ハブサービスに直撃。

■ あらびき団と私

――ご自身にとって、「あらびき団」という番組はどのような存在ですか?

「あらびき団」が始まったときって、もう10年くらい前ですよね。その頃、まだ僕、トリオでやっていて…トリオのパワーバランスというんですか、それが僕らはもうほんとに3割3分ずつっていう感じだったんです。

だから、自分が考えたネタを「あらびき団」でトリオでやろうよ、って言っても、やっぱり3割ずつなので、どうしてもパワーバランス的に反対されてできなくて。

そんなネタを、「あらびき団」では全面的に受け入れてくれて。なので、最初はほんとにうれしかったですね。唯一、そういうことをやらせてくれる場所というか。だから…故郷ですね。自分のほんとに…家ですね。

唯一何も変わんない番組です。レギュラーだったときと、今も全然変わらないし。居心地がいいです。

■ あらびき団員としての心得

――あらびき団員としてネタを披露する上で、大事だと思ったことはありますか?

この間、初めて「あらびき団」のレギュラー時代から一緒に出していただいていた風船太郎さんに、生で初めてお会いしたんですけど、僕すっごい怖かったんですよ、なんかこう…(いろいろと)計り知れない人かと思っていたので。

ザコシ(ショウ)さんとかはみんな知っているし、昔から知っている人なんで、どういう人か分かるんですけど、風船太郎さんには初めて会って、めちゃめちゃいかつい人かと思ったら、めちゃくちゃ腰低い人で。

なのでやっぱり、あらびき団員といえど、本物のヤバいやつはいないんだなと思いました(笑)。

あらびき団の人に限ってですけど、出ている人に限ってめちゃくちゃ腰低い人が多いなと思っているので、僕も腰低くしようと思いました(笑)。

――ネタ収録のとき、寝坊されたとお伺いしましたが…。

そうなんです。すみません、本当に。オーディションがもう何回かあったので。それで…通ったら一安心なので、あとはもう収録するだけじゃないですか。

なので、ほっと一息つき過ぎました。

あと、裏側の話になるかもしれないですけど、収録が長いので、どっかで「遅刻しても平気だろう」っていうのは思っちゃっているんですよ。目が覚めたときは集合時間だったので、でもそんなに焦らずに(笑)、「あ、そうか」と思って。

そうなんですよ。僕なんかも収録させていただいて、たぶんちゃんと来たときっていう方が少ないんじゃないかっていう。なんか、いつもほんと申し訳ないですけど。「どうせこっちで待つし」とかって(笑)。

スタッフさんも「はいはい、大丈夫です」って感じで。

――ネタはどのように作っているのですか?

あんまりいい言い方じゃないのかもしれないですけど…元々はトリオ時代に、「こういうネタをやろう」って言ったら相方二人が反対するんだろうなっていうのを基準に考えていました(笑)。

自分のOKラインよりも…今はもうそんなことないですけど、最初の基準は。もう、絶対に反対するんだろうなっていう。

今回のネタは、もう前からやろうと思っていたことだし…写真を頂いてというやつなので、あとはもう、(その形に)ハマりに行くだけでした。逆にあんまり先入観がないようにしています。

■ あらびき団と苦悩と喜び

――これまであらびき団に出演してきて、苦労したことやうれしかった出来事などありますか?

何かといろいろなところで「あらびき団のアレ」とか「あらびき団で見てました」って言われるんですけど。一回、ネプチューンさんとローラさんがMCをしている「ネプ&ローラの爆笑まとめ!」(TBS系)に急に呼ばれて、僕その時解散したばかりで、いつも出演している芸人のランク的に「なんで俺なんだよ?」って思ったんです。

そんな中で局に行って、スタッフの人に前にあらびき団でやった端から端にハケるだけのトトロのネタを「あのネタをやってほしいんです!」って言っていただいたんですけど、正直びっくりしました。

僕もうちょっとあらびき団用にやってたやつじゃないネタもピン芸人としてやってたんで、「そっちの方がいいんじゃないかな?」って思っていたんですけど、そういうふうに言ってもらえることがないので、うれしかったです。

でも、やっぱりあらびき団って、東野さんと藤井さんが隅っこ(ワイプ)で笑顔でいてくれるっていうのが大きいんですよね。

東野さんと藤井さんが笑うから、笑うみたいな…のがあるので、「(「爆笑まとめ」でやって)ちょっと大丈夫かな?」って思っていたんですけど、スタッフの人が「ぜひ」って言うんでやったら、案の定「はあ?」みたいな空気になっちゃって(笑)。

ネプチューンさんとかも、他の芸人さんの時は「あれがああだった、こうだった」ってネタについて触れるんですけど、僕のところだけ「あれは何だったんだろうね」みたいになって。

「まあ、あれは触れるのやめとこう」ってコメントで終わっちゃったので、そのときは苦悩しましたね。やっぱり、藤井さんと東野さんが見ていてくれればなと思って。

素材で言うと、皆さん野菜とかを料理してくれる感じなんですけど、あらびき団でやるネタって、“岩”とかなので(笑)。本来、食材じゃないやつを、東野さんと藤井さんが食材にしているという感じなんです。

だから痛感しましたね。僕は石ころとかなんだなっていうか。素材、食べ物じゃないんだなって思いました。

■ あら1-グランプリと私

――今回「あら-1グランプリ」の第3弾ということで、グランプリを取る自信はありますか?

第1回から出ていて、第1回は準優勝でした。そのときはバターぬりえちゃんと僕とザコシさんが決勝で、次の年、ザコシさんが優勝で、僕はそのとき全然駄目っていう感じで、今のところ決勝に上がっているのが、数人しかいなくて、僕は決勝に行けているので…優勝しかないと思っています! 

優勝したらすっげーうれしいですね。本当にやってきたことが報われる気がしますよね。

■ あらびき団と野望

――あらびき団を通しての野望のようなものがあれば教えてください。

もう一回、「あらびき団」がレギュラー化するようになったら、僕のネタを見て、番組のプロデューサーが「よし、やろう!」って言ってくれるようになったらいいなと思います。

東野さんと藤井さんは忙しいのは分かりますけどね。あらびき団の収録が入るということで、もうちょっと忙しくなってもらって(笑)。

そういう世の中にもう1回なったらいいなと思ってます。(ザテレビジョン)