東京・築地の魚卵専門店「田所食品」の売り場。イクラは500グラムで6500円や8000円といった高値がついている(記者撮影)

もうすぐお正月。おせち料理の準備をしている人も多いだろう。おせち食材の定番の1つが、数の子とともに子孫繁栄の縁起物とされ、彩りも良い「イクラ」だ。そのイクラの値段が例年になく跳ね上がっている。

年末の買い物客でにぎわう東京・築地の場外市場。魚卵専門店「田所食品」の田所悟専務によると、イクラの店頭価格は4〜5年前に比べると7〜8割高い。「昨年も高かったが、今年はさらに上がった。値段の高さにびっくりされるお客さんも多い」という。他の店では、値段の比較的安いロシア産イクラや樺太鱒のマスコで一部代用するところもあるようだ。しかし、田所専務は「国産イクラにこだわっている。品質がぜんぜん違いますから」と話す。

価格は10年前の2.3倍に


東京都中央卸売市場(築地市場)の集計では、イクラ(塩蔵加工品)の卸売り価格は2017年11月平均で1キログラム当たり7632円。前年同月の5819円より31%高い。2年前と比べると60%高、10年前比では2.3倍だ。12月分は未集計だが、同様の状況が続いている。筋子(スジコ)も2年前より58%高い水準。一般消費者への小売り価格が跳ね上がるのも当然である。一方、塩数の子の卸値は1〜2年前とあまり変わっていない。

イクラは言うまでもなく「鮭(サケ)」の卵。サケは銀ザケや紅ザケなど他のサケ類と区別して「シロザケ」と呼ばれ、成長して秋になると生まれ育った川に戻ってくることから「秋サケ」とも呼ばれる。イクラの価格高騰の背景には、この秋サケの歴史的不漁がある。

国立研究開発法人水産研究・教育機構がまとめた今年の全国秋サケ来遊数(沿岸漁獲数と河川捕獲数の合計)は、漁がほぼ終了した11月末現在で前年同期比29%減の2127万尾となった。特に全体の8割強を占める北海道が、平成に入って最低だった昨年をさらに3割強も下回り、1980年以来、37年ぶりの凶漁に見舞われている。次に多い岩手も不漁だ。

海水温が影響?


なぜこれほどまでに秋サケの来遊が落ち込んだのか。北海道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場の藤原真・研究主幹は、海水温の影響を指摘する。

サケは北海道などで人工的に採卵・授精・孵化され、稚魚が川に放流されたのち、ベーリング海やアラスカ湾などを回遊しながら成長する。そして、4〜5歳(一部は3歳)の成魚になると産卵のため故郷の川に戻ってくる。

今年4〜5歳になったサケは2013年と2014年の春に放流され、海へ下ったわけだが、両年の放流直後(5月)の北海道沿岸の海水温は大雪の影響などで太平洋側中心に平年より2〜3度低かった。それが「稚魚の成長に影響を与えた可能性がある。ただ、稚魚の多くが沿岸ですぐに死んだのか、回遊中に死んだのかは定かではない」と藤原氏は話す。

ちなみにロシアのサケ漁獲量については、「今年は北方四島やサハリンなどでも北海道と同じように落ち込んでいる」(藤原氏)。他国による漁獲の影響は特にないようだ。

秋サケの来遊数が減少したのはここ1〜2年だけの話ではない。2000年代以降を見ても、2004年(全国計7665万尾)から10年以上にわたって減少傾向をたどっている。こうした長期的趨勢についてはどう考えればいいのか。

サケの生態学的研究の第一人者である北海道大学国際連携機構の帰山雅秀・特任教授は、「『レジームシフト』と呼ばれる地球規模の気候変動と、人間活動による地球温暖化が相乗効果となってここ20年ほどのサケの生活史と生残率に影響を及ぼしているのではないか」と分析する。

1990年代末ごろを境に、アリューシャン低気圧の勢力減退などによって北太平洋の大気と海洋条件が新たな「レジームシフト」を起こし、サケの生育にとってマイナス方向に転換した。また、近年の温暖化によってオホーツク海など日本近海の海水温が上昇し、サケの回遊ルートや生残率に影響を与えているという見方だ。ただ、「気候変動とサケの生活史や生残率との関係は、すべてが解明されているわけではない」(帰山氏)。まだまだ謎が多いのだ。

2018年の来遊数は改善の期待

2018年のサケの来遊数がどうなるかも確たることは言えない。ただ、「2017年の3年魚の来遊数から予測すれば、2018年は改善する期待が持てる」と藤原氏は言う。成魚の中心である4年魚のサケの来遊数は、前年の3年魚のサケの来遊数からある程度推定できる。3年魚の来遊数は2016年が平成以来最低だったが、2017年は平年並みに増えており、2018年には4年魚の来遊が平年並みに戻る可能性が高いというわけだ。ただ5年魚は期待薄とされ、大幅な回復とはいかないかもしれない。

北海道庁ではサケの不漁に対し、老朽化したサケの孵化施設を改修したり、天然ハーブ成分を入れた餌を与えて病気になりにくい稚魚の放流を促進したりするなどサケ増殖に向けた対策を打っている。だが、自然環境の変化が主因と見られるため、対応に苦慮しているのが実情だ。

道内では人工孵化施設などで、いけす内のサケの腹が割かれ、卵だけ盗まれる事件も相次いでいる。イクラの価格高騰が背景にあると見られ、北海道さけ・ます増殖事業協会では監視カメラを設置するなど盗難防止策を強化している。

近年、不漁続きで高値になっている大衆魚は秋サケだけではない。サンマは2016年の全国漁獲量が1977年以来最低となり、2017年は11月末現在で前年同期をさらに3割強も下回っている。今年のサンマの平均卸値は3年前に比べ6割近く高い。


「サケが減るとニシンが増える」と言われるとおり、数の子の価格は安定している(記者撮影)

サンマ不漁の確たる原因は不明だが、やはり地球規模の気候変動や温暖化による資源量の減少や回遊ルートの変化が指摘される。公海における台湾、中国など外国船による漁獲量増大も一部に言われるが、全体に与える影響は限定的のようだ。

毛ガニの卸値は3年前比で倍

スルメイカの漁獲量も2016年は30年ぶりの低水準を記録。2017年も減少が確実だ。不漁の原因の1つと考えられているのが、産卵場所である東シナ海の海水温の低下。寒冷化と温暖化は表裏一体と言われ、海域によって影響が異なるようだ。公海上での外国船の過剰漁獲も指摘されるが、正確な統計がないためはっきりしない。2017年のスルメイカの平均卸値は3年前に比べやはり5割以上高い。

秋サケもサンマもイカも北海道の主要な水産物だが、北海道名産の高級食材である毛ガニもますます“高嶺の花”となっている。2017年の卸値は3年前比でほぼ倍だ。背景にはやはり記録的不漁があり、北海道周辺の海洋環境の変化が原因と見られているが、確証はない。北海道庁漁業管理課に聞くと、「原因が究明されないことには対策が打てない。漁業者も原因がわからないので、不安でしかたない状況だ」という。

一方でイワシやニシンなど豊漁の魚種もある。「サケが減るとニシンが増える」「スルメイカが不漁だとイワシが豊漁」といったように、気候変動のレジームシフトによって魚種ごとの資源量も大きくシフトするとも言われる。

だが、その正確なメカニズムは解明されていない。四方を海に囲まれた水産資源大国ニッポンとして、今後こうした気候変動と水産資源量との関係についての研究を後押しするとともに、人為的な環境変化である地球温暖化の是正に向けた取り組みを強化する必要があるだろう。