2018年株式市場、個人投資家が注目する投資テーマは「米国金融政策」

写真拡大

野村證券はこのほど、個人投資家を対象に投資動向に関するアンケート調査を実施し、「ノムラ個人投資家サーベイ(2017年12月)」を発表した。

2018年の日本の株式市場で話題にのぼる、または影響を与えることが想定されるテーマの中で、 投資する上で特に重要視しているテーマを尋ねたところ、「米国金融政策」が54.2%で最も多く、次いで「為替動向」が48.5%、「北朝鮮情勢」が46.4%と続いた。また、「労働力不足」は15.6%と、前回調査(2016年12月)から8.3ポイント上昇し、「人工知能(AI)」は14.4%と同6.7ポイント上昇した。

(出所:野村證券)
3カ月後の株価見通しについて、「上昇する」と答えた割合から「下落する」と答えた割合を引いた「ノムラ個人市場観指数」は28.6と前月比13.4ポイント上昇した。調査時の日経平均株価は22,938.73円と前回調査時を557.74円上回った。

3カ月後のアメリカドル/円レートの見通しについて円高ドル安を見込む回答比率は62.5%となり、前月比3.1ポイント上昇した。

調査は、2017年12月11日〜12月12日にかけて株式投資経験のある個人投資家を対象に実施。有効回答数は1000件。