リバプール、114億円でDFファン・ダイク獲得合意! シティとの争奪戦制す

写真拡大

▽リバプールが、サウサンプトンに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイク(26)の獲得で合意したようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。

▽報道によると、リバプールがファン・ダイクの獲得にディフェンダー史上最高額となる7500万ポンド(約114億円)の移籍金を提示し、合意に至ったとのこと。マンチェスター・シティが6000万ポンド(約91億円)を用意してリードしていたが、競り勝った形となっている。

▽今夏の移籍市場でファン・ダイク獲得に乗り出していたリバプールだが、不正なアプローチがあったとしてサウサンプトンに訴えられ、公式に謝罪する事態に追い込まれていた。それでも、同選手の移籍報道は収まらず、今冬の移籍が噂されていた。

▽また、チェルシーも獲得競争に加わっており巨額オファーを提示していたが、サウサンプトン側に拒否されていた模様。チェルシーのアントニオ・コンテ監督は先日、ファン・ダイクの移籍に関連して、「シティのようなクラブがベストプレーヤーをこれ以上補強すれば、彼らとの戦いがさらに厳しくなる」と、プレミアリーグの強豪が“シティ包囲網”を敷くべきだということを示唆するコメントを残していた。