すべての女性をサポートする若返りのハーブ「シャタバリ」

写真拡大 (全4枚)

美容や健康のために積極的に飲みたいハーブティー。でも種類が豊富でチョイスに悩むことも。そんなときにおすすめなのが、アーユルヴェーダにおいて年代を問わず女性の健康と幸せをサポートするハーブとして重要視されているという「シャタバリ」を使ったハーブティーです。
「シャタバリ」は、どんなハーブ?
そこでまず、日本では馴染みの薄いシャタバリについて、鍼灸マッサージ師でありアーユルヴェーダヘルスコーディネーターの川島一恵さんにお伺いしました。

「スリランカでは婦人科系の処方薬や健康維持のための強壮剤、はたまた若返りのための薬として欠かせないハーブです。現在私が滞在中のスリランカのアーユルヴェーダ施設の医師も当然のごとくシャタバリを頻繁に処方。一般家庭ではシャタバリの根をスープにして飲むこともあるそう。
また、男性の身体も強壮して、精子の量を増やし、質を高めます。ですから、旦那さんや彼と一緒にヘルシーなお茶として楽しむのもよいと思います。」(川島一恵さん)

スリランカでは医師が処方するほど効果が期待されていて、女性だけでなく男性にも良いとされているハーブのようです。そんなシャタバリが手軽に摂れるオーガニックハーブティーが、2018年2月1日(木)より全国の輸入食品スーパーやインターネットショップにて発売されます。
すべての女性にうれしい、女性ホルモンの調子を整える
それは、アーユルヴェーダに基づいた英国のオーガニックハーブティーブランド「pukka(パッカ)」の「マザーカインドプレグナンシー有機ハーブティー」と「マザーカインドベビー有機ハーブティー」。その名のとおり、産前・産後のママのためにブレンドされたハーブティーだそうですが、それだけでなく、身体を気づかうすべての女性にうれしい内容になっているとか。そこであえて、産前産後以外の女性に対するおすすめポイントを川島さんにお伺いしました。
まずは、ラズベリーリーフ、カモマイル、ネトル、シャタバリ、ペパーミント、フェンネルなどの有機ハーブがブレンドされている「マザーカインドプレグナンシー有機ハーブティー」について。
マザーカインドプレグナンシー有機ハーブティー(20ティーバッグ)/ オープン価格 ※2018年2月1日発売

「魚料理に活用されることの多いフェンネルは、消化促進や便秘解消、利尿作用と腹部に溜まったガスを抜いてくれます。そして、女性の生殖機能を高めることで知られるシャタバリは、100人の夫を持つ女性を意味するそうで、それだけ効果があるとされているハーブです。
妊娠期間中に限らずシャタバリは女性ホルモンの調子を整えてくれますし、不純物を溜めないことは健康の基本であり、身体の内側から美しくなるために必要なことです。カモミールやミントも入っているので、一般の方々も一息つきたいときなど、ティータイムのお茶として利用されてもよいのではと思います。妊娠初期の方は、かかりつけのお医者様と相談しお飲みください。」(川島一恵さん)

女性ホルモンの調子を整えてくれたり、デトックス効果も期待できるようです。味は、カモミールの優しい甘味とラズベリーリーフの苦味が特徴。香りは、フルーティーだけど甘さは控えめで、日本茶のような風味。くせも少なく、冷めてもすっきりと飲みやすいから定番にしたくなります。妊娠中期から後期の人にもおすすめのブレンドです。
老化防止と更年期の不調を軽減する
つぎに、フェンネル、シャタバリアニス、レモングラス、ターメリックなどの有機ハーブがブレンドされている「マザーカインドベビー有機ハーブティー」について。
マザーカインドベビー有機ハーブティー(20ティーバッグ)/ オープン価格 ※2018年2月1日発売