LUNA SEA、INORANが考える「脇役の美学」とは

写真拡大 (全3枚)

音楽、文芸、映画。長年にわたって芸術の分野で表現し続ける者たち。本業も趣味も自分流のスタイルで楽しむ、そんな彼らの「大人のこだわり」にフォーカスしたRolling Stone Japan新連載。記念すべき新創刊号のゲストは、孤高のギタリスト、INORANだ。

Coffee & Cigarettes 02 | INORAN

ソロやユニットに限らず、愛器のジャズマスターとともに音楽活動を精力的に行う孤高のギタリスト、INORAN。12月にはLUNA SEAの一員として4年ぶりの新譜『LUV』を発表。そんな彼の音楽へのこだわりにフォーカスしてみた。

今回のLUNA SEAのアルバムの僕のこだわり、裏テーマは5人全員の曲がアルバムに収録されていることだったんです。「Ride the Beat, Ride the Dream」は真ちゃん(真矢の愛称)と一緒に作った曲。ライブでやると新しい扉が開く気がする。

LUNA SEAのギタリスト、INORAN。正直ミュージシャンとは思えないほどの丹精なルックス。実際、黄色い声援もあまた浴びてきた。だが、この男の魅力は当然ルックスだけではない。
 
音楽へのこだわりと姿勢がすごい。この場合の”すごい”は、ストイックという意味ではない。どこまでも肩の力が抜けてフラットなのだ。フラットなんて書いてしまうと、それはいかにもイージーな感じがしてしまうが、日本ロック界の頂点にいるLUNA SEAをやりながら、INORANは、ソロ、MuddyApesなどいくつもの形態で音楽活動をしている。肩の力が入って当然、むしろ肩の力を入れずに生き馬の目を抜く音楽業界をサヴァイヴするのは至難の業といえる。

INORANにとって実家ともいえるLUNA SEAのニュー・アルバム『LUV』が12月20日に発売になったが、ここでもINORANはフラットだ。バンドとしては4年ぶりの作品で、今の音楽業界における4年はかつての10年には余裕で匹敵する。音楽を聴く環境は変わり、チャートを賑わしている面子も随分と違う。その変化に対応するのにベテラン・バンドが若手にはできないないコンセプトを立てて作品に臨むことがあっても不思議ではない。

だが、INORANは今作『LUV』の制作をこう振り返った。「LUNA SEAはメンバー全員が曲を作るから、皆でこういうアルバムを作ろうというのはなくて、それぞれ曲を持ち寄ったら、こういう作品になったという感じかなぁ。いろんなところに降った雨が一カ所に集まって、湧き水とし出てくる。その味は実際に飲んでみないと分からない。今は湧き上がってきた『LUV』を味わっているところかな」。では、どんな味なのか聞いてみると「最高ですね」と破格の笑顔で答えくれた。

ちなみに、アルバムは全12曲で、そのうちの3曲をINORANが作曲。そのなかではLUNA SEAとして異色のインストダンスチューン「Ride the  Beat, Ride the Dream」の存在が一際目立つ。この曲、INORANとドラムの真矢との合作で、しかも真矢のボイスがフィーチャーされている。「今回のアルバムの僕のこだわり、裏テーマは5人全員の曲がアルバムに収録されていることだったんです。

”Ride the Beat 〜”は真ちゃん(真矢の愛称)と一緒に作ったのと、真ちゃんの声を入れたくて。これをライブでやると、何か新しい扉が開く気がしていて」と。

話を聞いていて、ふとINORANがかつての取材で言って言葉を思い出した。「木を見て森も見る」。アーティストというのはとかく「木を見て森を見ず」の人が多い。というのも、そんなところまでこだわるの!という、こだわりがモノづくりを作品に昇華させる。INORANは、もちろん木もみるが、常にメンバーやバンド、アルバム全体を気にする。つまり森もしっかりと見れている稀有な存在なのだ。実際に今回のアルバムのギタープレイに関してもこんなふうに語ってくれた。「決していい加減という意味ではなく、一つ一つのギタープレイへのこだわりはないです。それより、楽しみながら演奏することを大事にしていて。そういうプレイがみんなを幸せにすると思うから」。だからと言って、INORANのギタープレイにこだわりがないという認識は違う。