182cmの大型プレーヤー、ノルドクビストの強さを探る(撮影:米山聡明)

写真拡大

今季活躍した注目選手のスイングから強さの要因を探る“Playback LPGATour2017”。第36回は身長180cmを超えるビッグプレーヤー、アンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)。ルーキーイヤーとなった2009年、米女子ツアー初勝利をメジャーで飾る鮮烈デビューを果たすと、2017年の「エビアン選手権」で8年ぶりのメジャー2勝目を遂げた。欧州を代表するトップ選手として君臨する彼女のスイングを、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏が解説する。

彼女のスイングを見て最初に思ったのが、ダウンスイングの切り返しでこれほどまでに上体を開くことなく、クラブを下ろせるのかということです。トップと切り返しでの左肩の位置に注目してほしいのですが、ほとんど動いていません。にもかかわらず、タメをつくりながらクラブを下ろし、体重移動は行っています。一時のタイガー・ウッズやデビッド・デュバル(ともに米国)に近い切り返しの形です。特に、シャフトと左腕の角度がいいですね。これだけタメをつくっているからこそ、最終的にクラブヘッドをチョンと出すだけでヘッドスピードが上がるのでしょう。
また、ダウンスイングで左サイドのラインがしっかりとキープされていることも見逃せません。左足、左ヒザ、左腰、左肩、左手が1つの動きになっているため、この形が崩れません。左サイドでスイングするんだという意識を感じます。
飛球線後方からの写真を見ると、両手が右腰の位置まで下りてきているのに、左肩がまだ見えています。それだけタメをつくっている証拠です。ダウンスイングでは、とにかくためてためて、そこから一気に体を回転してパワーを解放するイメージです。同じスウェーデン出身で、賞金女王に8度輝いたアニカ・ソレンスタムやPGAツアーで活躍するヘンリック・ステンソンにも見られる動きです。
ただし、インパクトまではきっちりと頭を残し、ボールも見ています。ボールが当たった瞬間に頭とクラブヘッドを同時に上げていくイメージです。しかも、上体の前傾角度は崩さずに振り抜きます。おそらく、フォローで右サイドが下がる形をつくりたくないのでしょう。ボールを打ったあとの形がショットに影響しない、という考えは正しくありません。実は、インパクト前から、すでにフォローへの動作が始まっているのです。右肩が下がったフォローの人は、インパクト前から下っているはずですし、アンナさんのように、フォローで右肩が下がらない人は、ダウンスイングでもそのような動きは見られません。
ノールック打法といえますが、最近ではこのような動きをする人は少ないと思います。力のない人が行うとボールが飛ばなくなるからです。彼女のように体が強い人だから成立するスイングだといえるでしょう。
解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子、藤崎莉歩、小祝さくらなどを指導。上田の出場試合に帯同、様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

アニカ・ソレンスタムの連続写真 2007年
【辻にぃスイング見聞】ポイントは右足の粘り 元世界1位ユ・ソヨンに見る体重移動のコツ
【辻にぃスイング見聞】とにかく曲がらないゴルフ界のシャンシャン 世界1位の安定感は“超レベルボディターン”にアリ!
【辻にぃスイング見聞】元世界NO.1は自然体で振る 申ジエの肝はフットワークにあり
【辻にぃスイング見聞】全盛期タイガーに匹敵!川岸史果は捻転で飛距離を生む