4度の行政処分を受けたジャパンライフ(株)(TSR企業コード:291624898、代表取締役:山口隆祥氏)が12月26日、事実上倒産した。東京商工リサーチにはジャパンライフの従業員や取引先、金融機関、預託者など各方面から問合せが多く寄せられている。


ジャパンライフの本社

本社同所は6社

 ジャパンライフの本社は、神保町駅から徒歩7分ほどの千代田区西神田2−8−5。東京商工リサーチの企業データベースなどで調べると、同所を登記上本社とする企業はジャパンライフを含め7社あることがわかった。

6社には解散企業も

 イオン薬品(株)(TSR企業コード:292218303、設立昭和56年11月、資本金1,000万円)は、昭和61年度の年商が4,140万円。当時は東京都世田谷区に本社を構えていた。平成24年9月に山口ひろみ氏が代表取締役に就任し、25年3月に現住所へ本社移転した。現在の営業実態は判然としない。
 A社(設立平成26年12月)の、具体的な事業活動は確認されず、電話番号案内(104)の登録もない。理事に山口隆祥、ひろみ両氏の名前はない。
 (有)ジェイエル興産(TSR企業コード:300458720、設立昭和60年10月)は、山口ひろみ氏が平成19年11月に代表取締役に就任。ジャパンライフ株の一部を保有しているとの情報がある。
 B社(設立昭和54年9月、資本金4,500万円)は、平成24年頃にジャパンライフの子会社となった。化粧品製造を手掛け、最近の年商は1億円前後とみられる。24年9月に山口ひろみ氏が代表取締役に就任している。従業員の一人は、「ジャパンライフと最後に連絡したのは12月14日」と話し、「自分たちの銀行印や小切手帳をジャパンライフが管理し、支払いができない」と困惑している。
 一般社団法人日本文化協会(TSR企業コード:012556092、設立平成26年9月)の活動は判然としない。山口隆祥氏が理事を務めるが、電話番号案内(104)に登録はない。
 (株)マクサム.ナウ(TSR企業コード:293255270、設立昭和50年9月、資本金1,000万円)は、平成27年1月に会社法第472条第1項の規定で解散しており、ジャパンライフとの関係は薄いとみられる。


 この他にもジャパンライフの関係者が役員や理事を務める企業は複数ある。どこの企業が何の役目を担っていたのか解明が待たれる。


 (東京商工リサーチ発行「TSR情報全国版」2017年12月28日号掲載予定「取材の周辺」を再編集)

 TSR情報とは