画像提供:マイナビニュース

写真拡大

放っておくと部屋は散らかるものですが、Macにも同じことがいえます。散らかるだけならともかく、ムダなものが増えすぎて「内蔵ストレージの容量不足」になっていませんか? ちょうど大掃除の時期、macOSの最適化ツールでいらないファイルを整理し、内蔵ストレージの空きを復活させましょう。

○「ストレージを最適化」で断捨離実行

ファイルを削除すること、特にある程度の容量があるファイルの削除は、かんたんなようで意外に難しいものです。いつか使うことがあるかもしれない、まだ余裕があるからだいじょうぶだろう、要不要の判断に自信がないからとりあえず残しておく……そんな判断の積み重ねで、内蔵ストレージの空きは次第に減っていきます。

Macの場合、macOS Sierraから搭載された「ストレージを最適化」ツールを使う手があります。このツールを使えば、いろいろな手段/基準でストレージを最適化し、空き容量を回復してくれます。ファイルの要不要はツールが自動判定してくれるほか、特定のジャンル/種別に属すファイルをまとめて削除する用途にも使えますから、整理整頓が苦手な人が使わない手はありません。

「ストレージを最適化」ツールは、デスクトップ左上のAppleマークをクリックし、現れたメニューで「このMacについて」を選択、ストレージタブの右上にある「管理...」ボタンをクリックすると起動できます。Finderでアプリケーションフォルダを開き、ユーティリティフォルダにある「システム情報」を起動して、ウインドウメニューで「ストレージの管理」を選択しても効果は同じです。

ツールを起動すると、アプリケーションフォルダやゴミ箱、書類フォルダの分析が自動的に開始されます。内蔵ストレージの容量が大きいと多少時間はかかりますが、ファイルの要不要を判定するには必要な作業です。

分析完了後、最初に実行すべきは「ストレージの最適化」です。起動直後に表示される「おすすめ」タブにある「最適化...」ボタンをクリックすると、視聴済みのiTunesムービーとテレビ番組を自動的に削除するかどうか、メールアプリにおける添付ファイルの扱いを「最新の添付ファイルのみをダウンロード」と「添付ファイルを自動的にダウンロードしない」のどちらにするかを選択できます。iTunesムービーの削除は、利用していない人にとっては関係のない話ですが、添付ファイルの削除は効果大です。

一方、「iCloudに保存」はiCloudストレージを追加購入している人向けです。デスクトップと書類フォルダすべての内容と、「写真」アプリで保管しているすべての写真/ビデオをiCloudへ転送し、Mac側を整理することでストレージ消費量を節約できますが、追加購入したiCloudストレージの容量が5ギガ、10ギガでは足りない可能性があります。

「ゴミ箱を自動的に空にする」と「不要なファイルを削除」は、積極的に利用しなくてかまいません。前者はゴミ箱に入れてから30日間経過したファイルを自動的に完全消去する機能ですから、即効性はありませんし、思い立ったとき手動でゴミ箱の中身を消去したほうが安全です。後者は書類フォルダの内容を閲覧し、要不要を自分で判断しなければなりませんから、慌てて利用する必要はないでしょう。

○ファイル削除のテクニック

ファイルを個別に削除する

「不要なファイル」の定義は人それぞれですから、一律に要不要を判定することはできません。しかし、ファイルサイズが大きい(消去の見返りとしてストレージ空き容量が増える)、最終アクセスが古い(最近利用していない)という基準で並べ替えると、削除しても差し支えなさそうなファイルをあぶり出すことができます。

そのとき活躍するのが「書類」フォルダです。画面中ほどに3つあるタブのうち「大きいファイル」を選択すると、ホームフォルダ以下にある50MB(メガバイト)以上のファイルがリストアップされます。さらに「サイズ」ボタンをクリックすればファイルの大きい順に、「最終アクセス」ボタンをクリックすれば開いた日付けが古い順に並べ替えられます。

内容を確認したい場合は、対象のファイルを選択した状態でスペースキーを押します。クイックルックの機能でファイルの内容を表示できるので、大切な書類を誤って削除してしまうことを防止できます。

再入手しやすいアプリを削除する

Mac App Storeで公開されているアプリは、いつでも最新版をダウンロードできます。アプリがMac App Storeに存在しているかぎり、いちど購入したアプリは再度支払いを行うことなく何度でもダウンロードできますから、当面使う予定がないアプリはとりあえず削除しておくという手もあります。再インストールの手間はかかるものの、数百MBを超えるアプリが珍しくない現状を考えると、手っ取り早い内蔵ストレージの回復策といえるでしょう。

「ストレージを最適化」ツールの「アプリケーション」フォルダは、アプリの種類を「App Store」と「その他」に分けて表示できます。「App Store」に分類されたアプリを選択し、「×」ボタンをクリックすれば削除が開始されます(必要に応じて管理者のパスワードが要求されます)。