<スピードスケート平昌五輪日本代表選手選考競技会・女子500メートル>力走する小平

写真拡大

 ◇スピードスケート平昌五輪代表選考会(2017年12月27日 長野市・エムウエーブ)

 女子500メートルは小平奈緒(31=相沢病院)が37秒13の国内最高記録で1位となり、同種目の国内外の連勝を24とした。

 既に日本連盟の基準を満たし、平昌代表入りを決めていた女子短距離のエースは、貫禄の滑りを見せながら満足感とは無縁。「もっと動物的に、闘争心あふれる感じで行っても良かったかな」と振り返った。

 自身が保持していた37秒25の国内記録を0秒12更新。「ちょっとずつだけど、自己ベストを更新できている」とし、「誰もが経験したことのないスピードで滑れるようにしたい」とさらなる進化を誓っていた。