外交部で会見を行う康氏=27日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部長官直属のタスクフォース(TF、作業部会)は27日午後、旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓国と日本の合意の検証結果をまとめた報告書を発表した。康京和(カン・ギョンファ)長官は発表前の記者会見で、合意に至るまで慰安婦被害者の意見を十分に反映しなかったことなどを指摘した検証結果について、「真摯(しんし)かつ謙虚に受け止めたい」との認識を示した。

 康氏は「報告書はこれまでの慰安婦合意に対する批判について忠実に答えていると思う」と述べ、「報告書を踏まえ、『被害者中心のアプローチ』に忠実になるため被害者関連団体や専門家の意見を謙虚に聞いていきたい」と強調した。その上で、「韓日関係に与える影響を勘案しながら、合意に対する政府の立場を慎重に決めていきたい」と語った。

 また、報告書で合意の非公開内容を公表したことに関しては、「国民的なレベルで提起されたさまざまな批判に答えることがTFの当初の任務であり、任務を全うするため必要最小限の範囲で外交交渉の内容を公開することは不可避だったとしたTFの判断を尊重する」と説明した。