MACO初の海外ライブのメイキング映像が公開

写真拡大

 MACOが2日間で650人動員した、自身初となる海外でのワンマンライブの模様を収めたメイキング映像(https://youtu.be/R91OMu3kyb0)を公開した。

MACO ライブメイキング映像

 中国の上海で行われたMACOのワンマンライブに密着した今回の映像には、美しい上海の街並みを始め、そこで生活する人々や、なにより今まで見ることのなかったMACOの表情や姿が詰め込まれており、彼女が感じる海外ならではの緊張感と胸の高鳴りが伝わって来る映像に仕上がっている。

 前述のアルバムの表題曲「メトロノーム」が流れ、「謝謝〜!」と中国のファンに手を振る彼女の姿と共に今回のメイキング映像は始まり、「MACO ワンマンライブ in 上海」のタイトルと共に映し出されるのは車の後部座席から移りゆく景色を眺める彼女の横顔。その他にも上海の夜風に打たれながら夜の街を歩く彼女や、楽屋で見せるあどけない笑顔など見所は満載だが、中でもオープン前の誰もいない会場でリハーサルを行う彼女の姿が新鮮かつ、どこか切なさを感じさせる一番の見所と言えるだろう。映像の最後には実際にライブに訪れたファンの声も織り込まれており、ファンにとっても、MACO本人にとっても大切な映像となりそうだ。

 そして、今回のメイキング映像に関してMACOは、「国境を越えて音楽を通して繋がった瞬間を目の当たりにしました。空気感だけでも、この映像を通して見て頂けたら」とコメント。2018年は、1月27日から新潟りゅーとぴあ公演を皮切りに、最新アルバムを引っさげ全国8箇所を回る【メトロノームツアー2018】を開催する。

◎MACO コメント全文
初めての海外でのライブが、こんなに早く実現すると思ってなかったので夢のようでした。この映像を見て上海での楽しかった思い出が次々思い浮かぶんですが、何故か泣けてくるのは、とても尊い時間だったからなんだと思います。2daysのライブでしたが、本当に2日間はあっという間で、上海のファンの方と触れ合える時間もそれなりにあったのですが、本当に夢を見ているようで。上海のファンのみんなは日本語がとっても上手で、私にたくさんの言葉を伝えてくれました。2日目のライブでは、感極まり曲の途中で泣いて歌えなくなってしまいました。国境を越えて音楽を通して繋がった瞬間を目の当たりにしました。その空気感だけでも、この映像を通して見て頂けたら、と思います。アジアのファンの皆様、そして中国上海のファンの皆様、本当にいつも応援ありがとう。これからまたみんなに会いに行けるよう頑張るので、遠くから見守っていてください。

◎ツアー情報【メトロノームツアー2018】
2018年1月27日(土) 新潟・りゅーとぴあ・劇場
2018年1月28日(日) 宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)
2018年2月10日(土) 愛知・愛知県芸術劇場 大ホール
2018年2月18日(日) 広島・上野学園ホール
2018年3月10日(土) 北海道・札幌市教育文化会館大ホール
2018年3月18日(日) 福岡・福岡サンパレス
2018年4月8日(日) 大阪・オリックス劇場
2018年4月22日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂