日本橋室町三丁目の大規模再開発 - オフィスや商業施設、ホールの複合施設が19年竣工

写真拡大

日本橋室町三丁目地区に、新たな複合施設が誕生。2019年3月末に竣工予定だ。

日本橋室町三丁目地区の再開発は、日本橋の再開発事業である「日本橋再生計画」の中核となる事業。「日本橋再生計画」は、本事業に加え、16年に竣工した「福徳の森」と、日本橋高島屋を核とした日本橋二丁目地区の再開発を含む、複数の事業で構成される計画だ。

日本橋室町三丁目地区は、日本橋エリアの北で、日本橋のゲートウェイになる場所に位置する。大規模な複合施設が建設されるA地区と、公共公益施設のB地区の、2か所が整備される。

A地区には、地上26階、地下3階の大規模なビルが建設予定。5階から25階はオフィス、3階にホール、地下1階から2階には商業施設が入る。また、地上1階には大規模な屋外広場空間も整備され、豊かな緑を備えた日本橋の癒しの場になる。

なお、建物の地下1階からは、東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅と、JR総武快速線「新日本橋」駅に直結する地下歩道が整備予定で、アクセスの利便性も備える。

【詳細】
日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業
竣工:2019年3月(予定)
所在地:
・A地区 東京都中央区日本橋室町三丁目地内 他
・B地区 東京都中央区日本橋本石町四丁目地内 他
A地区階数:地上26階、地下3階
A地区用途:オフィス、店舗、ホール、駐車場等


[写真付きで読む]日本橋室町三丁目の大規模再開発 - オフィスや商業施設、ホールの複合施設が19年竣工

外部サイト

  • 「日本橋眦膕 S.C.」18年秋開業 - 新館2つ建設、路面店が並ぶ「日本橋ガレリア」も
  • 東京の再開発スポットまとめ - 商業施設やホテルなど続々オープン!来るオリンピックに向けて
  • スヌーピー特集、世界で愛される人気キャラクターのコラボグッズやスヌーピーミュージアムなど