後半、日川・青野(中央)がタックルをかわしトライを奪う

写真拡大

 「全国高校ラグビー・1回戦、日川47-7城東」(27日、花園ラグビー場)

 全国高校ラグビーが開幕。12年連続47回目の出場となった日川(山梨)が10年ぶりの出場となった城東を下して全国通算60勝目を飾った。

 立ち上がりこそリズムに乗れなかった日川だが、前半12分にFB・高谷が先制トライ。前半24分にはWTB・青野がハーフライン付近から抜け出して約50メートル独走トライを決めて試合の主導権を握った。

 後半も26点を奪う攻撃を見せての初戦突破に雨宮監督は「お互いパワーのある中で勝負できた。後半、一気に突き放せた」と納得の表情を浮かべた。30日はBシードの大阪桐蔭との対戦となる。

 一方、城東は後半25分にナンバー8・磯崎のトライで意地を見せるも反撃はここまで。富加見監督は「うちがやりたかったことをやられてしまった」と敗戦を振り返っていた。