トヨタのコンパクトハッチバック「オーリス」後継モデルを再び目撃しました。今度はスペイン北部で最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ヘビーカモフラージュですが「C-HR」に似た新ヘッドライトを初めて撮影することができました。

グローバルでの強化が図られ、「オーリス」から「カローラ ハッチバック」と車名変更が噂される次期型は、トヨタの新プラットフォーム「TNGA」を採用し、ホイールベースを延長すると思われます。

最新開発車両では、生産型パーツを装着しており、ヘッドライトのほかにも薄くコンパクトになるテールライの一部も確認出来ます。またリアクォーターウィンドウの廃止により、シンプルでスポーティなエクステリアが予想されます。

パワートレインは「C-HR」から流用される、1.2リットル直列4気筒ターボエンジン、及び1.8リットル直列4気筒+電気モーターのハイブリッドが予想されており、2018年内にも世界初公開が予想されます。

(APOLLO)

C-HR風ヘッドライト見えた! トヨタ・オーリス後継モデルのプロトタイプをキャッチ(http://clicccar.com/2017/12/27/543468/)