大迫勇也、長谷部誠、香川真司、内田篤人【写真:Getty Images】

写真拡大

ブンデス公式が珍企画、日本人選手が同僚に日本語指導

 サッカーのドイツ・ブンデスリーガ公式Youtubeチャンネルが、日本代表MF長谷部誠(フランクフルト)、MF香川真司(ドルトムント)、DF内田篤人(ウニオン・ベルリン)ら日本人選手がチームメートに日本語をレクチャーするユニークな特集を掲載。トップ選手が悪戦苦闘する姿に思わず日本人選手も爆笑するなど、“日本語チャレンジ”が話題を呼んでいる。

 ブンデスリーガ公式Youtubeチャンネルは「香川、内田とその他日本人選手がチームメイトに日本語を教える」と題し、動画を公開。長谷部、香川、内田に加え、FW大迫勇也(ケルン)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)、FW武藤嘉紀(マインツ)、FW原口元気(ヘルタベルリン)DF酒井高徳(ハンブルガーSV)とドイツでプレーする日本人が、チームメートに“日本語教師”に挑戦する企画を紹介している。

 登場する選手も香川はドイツ代表MFアンドレ・シュールレ、大迫はドイツ代表DFヨナス・ヘクター、デンマーク代表FWエミル・ベルグレーン、浅野は元ドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナーとペアを組み、代表クラスが登場する、なんとも豪華なキャスティングとなっている。

 最初は「レベル1」の「元気ですか?」からスタート。それぞれ、ユニホーム姿で登場した日本人とペアでチームメートが発音していく。「レベル2」は「イチ、ニ、サン、シ、ゴ」と数字のカウント。つっかえながらも、ここまではたどたどしい発音でこなしていったが、そして「レベル3」は「次の試合、勝ちます」だった。

ファンも反響「日本語って難しいんだな…全然聞き取れない」

 最難関のお題には日本人選手がお手本で発言するだけで、チームメートたちは「これは無理だ」といった表情で苦笑い。「ツギノシアイ…カッチャ…ダス…」など、失敗のたびに日本人選手も笑いながら繰り返して教え、成功するまで果敢に挑戦している。日本人選手とチームメートのほほえましいやりとりに映像を観た海外ファンに反響を呼んだ。

「日本語って難しいんだな…全然聞き取れない」

「ナイスな動画だ!」

「内田はわざと早口で言っているな。さすがだ!」

「長谷部はやはり伝授方法に長けている」

「内田、シャルケに戻ってきてくれ!」

 このようにファンも思い思いにコメントを投げかけていた。近年は日本人選手が増え、活躍を見せているブンデスリーガ。それだけ注目を浴びているようだ。(THE ANSWER編集部)