11月29日に発売された初のベストアルバム『軌跡 BEST COLLECTION+』はオリコン週間アルバムランキングで初登場3位を獲得。年明け1月27日に開催される「和楽器バンド 大新年会2018横浜アリーナ 〜明日への航海〜」のチケットも即完し、その勢いはとどまることを知らない和楽器バンド。


そんな彼らの勢いにさらに拍車をかけるかのように、本日オフィシャルサイトで「ガリバー」と「住宅情報館」の2つのCM出演情報が発表された。CMソングは彼らが来年1月24日に2nd Singleとして発売する新曲『雪影ぼうし』と『花になれ!』がそれぞれ起用される。

「ガリバー」のCM出演に関して鈴華ゆう子(Vo)は、「CMでは、七福神ならぬ八福神に扮装しました。CMのために制作された衣装に身を包んでの撮影でしたので、とても楽しかったです。新春のCMが決まったと聞いた時は、和楽器バンドの日本を元気にしたいというコンセプトと重なり、とても嬉しく思いました。」とコメント。またCMソングに起用された新曲『雪影ぼうし』に関しては「ポップロックなサウンドの中に津軽三味線をはじめ、和楽器の音色が立つような仕上がりとなっており、もうすぐ訪れる春を雪の下で待つような芯の強さを感じさせる和ロックな楽曲です。」と話している。

「住宅情報館」のCMでは新曲『花になれ!』を披露。鈴華は「ライブのクライマックスのような雰囲気で張り切ってパフォーマンスさせていただきました。バックダンサーとして参加してくれたよさこいの方々も、私達の楽曲に合わせて楽しそうに声をあげて踊ってくれました。みなさんの笑顔がとても印象的でした。」と撮影中のエピソードを交えてコメント。『花になれ!』は、“とにかく明るいサウンドを!”というテーマで、みんなで声をあげて、盛り上がれるような曲を作りたかったという彼ら。ライブでも盛り上がること必至の“とにかく明るいサウンド”がCMにマッチしている。

2017年は初のベストアルバムを発売することで結成以来の4年半を振り返りつつ、和楽器バンドの「これまで」と「これから」を提示した和楽器バンド。ますます勢いに乗る彼らに今後も注目だ。