27日、台湾アップルデイリーは「韓国も日本に学ぶ?」と題し、韓国でも米国のステルス戦闘機F35B導入が検討されていることを報じた。資料写真。

写真拡大

2017年12月27日、台湾アップルデイリーは「韓国も日本に学ぶ?」と題し、韓国でも米国のステルス戦闘機F35B導入が検討されていることを報じた。

記事によると、韓国・聯合ニュースはこのほど、韓国軍が独島級揚陸艦にF35Bを配備するかどうかについて検討していると報道。時期は2020年が考えられており、聯合ニュースは「韓国と日本は海軍防衛力を競い合って強化。アナリストからは『両国がF35B導入計画を実行に移せば東アジアに新たな軍備競争がもたらされる』との見方が示された」と指摘したそうだ。

記事は日本で「政府が海上自衛隊の護衛艦『いずも』の空母化を検討。F35B運用を想定」との報道が出たことも伝えている。(翻訳・編集/野谷)