【詳細】他の写真はこちら

『with』2月号の大特集は「“願いが叶う”服とコスメ」。その中で 「今年はちょっと大人になりたい。」をテーマに 欅坂46のメンバー4人がOLに変身している。

メンバーは菅井友香、守屋茜、土生瑞穂、志田愛佳の4名。

菅井友香:朝7時、出勤途中の交差点、カフェラテを持って颯爽と歩くOL

守屋茜、土生瑞穂:昼の12時、カフェラウンジにて、ガールズトークで休憩中

志田愛佳:15時、営業でメトロ出口で待ち合わせ

それぞれシチュエーションをつけて演じている。

全員一致の意見は「OLになったら黒のスーツを着てみたい」ということ。リア充OLは? 向いていそうな仕事は? 社内恋愛しそうなのは? など、「こんなOLになりそう!」という妄想トークも。 いつもと違う、ほかでは見ることのできない少し背伸びした彼女たちのOL姿は必見だ。

また、『with』2月号では、1月20日公開の映画『嘘を愛する女』で恋人役を演じた 長澤まさみと高橋一生が、ふたり揃って登場。まるで何かを探すように体を寄せ合い、“オトナの色気“を体現する撮影が敢行された。

長澤が甘えるような表情で寄り添うと、高橋が微笑みながら受け止める。瞬時にふたりの世界に入り込み、まるでスタッフとの間に結界が張られたかのようなスペシャルなフォトシュートの感想を、ふたりが振り返る。

長澤「その場の空気を掴めば、自然とふたりの世界に入り込めるものですが、思い切りできるかどうかは相手次第であって。一生くんとはこれまで何度か共演してきていたので、安心して撮影に挑むことができました」

高橋「同感です。今まで築いてきた関係性があるからこそ、スパンが短くても求められている表現に辿り着ける部分があるかもしれません」

長澤「本当に初対面だったら、自分からは近づけませんよ!」

高橋「いやいや、正直なところ、昔から知っているからこそ恥ずかしい部分もあったけれど(笑)」

ふたりが考える“オトナの色気“についても言及している。

そして、読者の「見たい!」の声に応えて、2017年、大躍進を果たした竹内涼真が「同僚のオフィス男子」に変身する企画も。

読者から寄せられた希望をもとに「同僚のオフィス男子」を軽やかに演じた竹内涼真。真剣な眼差しも、少し悩んでいるような様子も胸キュンせずにはいられない。「2017年は自分が試される場がたくさんあった年でした」と今年を振り返る竹内の素顔に迫る

雑誌情報



『with』2月号

発売日:12月27日 ※首都圏基準

定価:670円(税込)

表紙&大特集:嵐

with OFFICIAL Facebook

https://www.facebook.com/with.magazine

with OFFICIAL Twitter

https://twitter.com/with_magazine

with OFFICIAL instagram

https://www.instagram.com/with_mag_official/

with OFFICIAL LINE

http://line.naver.jp/ti/p/%40with_magazine