スマホのみでネットに接続している利用者は全体の46%で、PCのみで接続している利用者が7%だった──。そんな調査結果が話題となっている。

LINE株式会社は12月22日、「インターネットの利用環境 定点調査(2017年下期)」の調査結果を発表した。調査対象は、人口構成比に沿って抽出された15〜59歳の男女、合計763サンプル。調査員が個別に訪問する形で調査が行われた。

全体のうちスマホ利用者は85%。PC利用者は46%。そのうちスマホのみでインターネットに接続しているという利用者は46%で、スマホとPCの両方でネットに接続しているのは39%。PCのみでネットに接続しているのは7%という結果だった。

ネットに接続するための端末の主流はスマホであることを示すこの調査結果。Twitterでは、

“あたしもpc壊れてから買い換えてない。 タブレットとスマホのみ”
“見る分にはPCでしか出来ないことって殆どないもんなあ。”
“あー。。。今年はパソコン2,3回しか使っていない。。。”

と、実際にPCを使わなくなったという声も多く、スマホ主流の現状が見えてくる。

さらに今回の調査では、スマホの種類に関するアンケートも実施。その結果によると、スマホ利用者のうちiPhone利用者が58%、Androidスマホの利用者が44%だった。また、年代別のiPhone利用者率を見ると、10代が72%、20代が76%、30代が53%、40代が47%、50代が49%と、10代20代のiPhone利用率が高い。一方で、40代と50代ではAndroid利用者のほうが多かった。この結果については、

“なんで年齢層が高いとiPhoneじゃなくてAndroidなんだろ。 賢く買う人が増えるってことなのかな。 ここまでiPhone多い国は日本くらいだし。”
“もはや若年層はスマホネイティブを超えてiPhoneネイティブだな”
“「若年層ほどiPhoneを選ぶ傾向」なんで? そこはかとないおしゃれ感?”

などの意見が見られた。若い世代にiPhoneが人気である理由について疑問を持つ人も多い。

いずれにしろ、スマホでネットを利用するのが完全に主流となっている今の時代。“若者のPC離れ”も加速しそうだ。
(小浦大生)

■関連リンク
・〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2017年下期) | LINE Corporation | ニュース
https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/2002
・「スマホのみ」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E3%81%AE%E3%81%BF